このページの本文へ移動

国民健康保険給付一覧

公開日:2017年4月17日


郵送による申請が可能な手続きもございます。

 

詳しくは保険年金課給付係(083-231-1668)までお問い合わせください。


国民健康保険 給付一覧

・療養の給付
 医療費総額の3割(70歳以上は2割又は3割、義務教育就学前の子どもは2割)で医療機関で受診ができます。
・療養費
 被保険者証を忘れたなどして10割の医療費を支払った場合や、治療用の装具等を購入した場合に、7割(70歳以上は8割又は7割、義務教育就学前の子どもは8割)分の払い戻しを受けられます。
・海外療養費
 海外渡航中にやむを得ず診療を受けたときも、帰国して申請すれば、日本国内の医療機関等で同じ傷病を治療した場合にかかる医療費を基準に計算した額(実際に海外で支払った額の方が低いときはその額)から自己負担相当額(患者負担分)を差し引いた額を支給します。
・入院時食事療養費
 入院した時の食事代が1食460円で受けられること。住民税非課税世帯は申請によりさらに減額することが出来ます。

・詳しくは「国民健康保険 療養の給付、療養費、その他」をご覧下さい。


・高額療養費
 ひと月の医療費の自己負担額が基準額を超えた場合、超えた部分の払い戻しが受けられます。

・詳しくは「国民健康保険 高額療養費」をご覧下さい。


・出産育児一時金
 被保険者が出産した場合、世帯主に42万円(産科医療補償制度対象外分娩については40万4千円)の支給を受けられます。    

・詳しくは「国民健康保険 出産育児一時金」をご覧下さい。


・葬祭費
 被保険者が死亡した場合、葬儀を行った人に5万円の支給を受けられます。

・詳しくは「国民健康保険 葬祭費」をご覧下さい。


・外来人間ドック・歯科健康診断
 年度に一回、市の補助を受けられます。
・はり・きゅうの施術補助
 利用者証の申請により、施術時に定額の補助を受けられます。

・詳しくは「国民健康保険 人間ドック、歯科健診、はり・きゅう」をご覧下さい。


・特定健診・特定保健指導
 年度に一回、市の補助を受けられます。

・詳しくは「国民健康保険 特定健康診査について」をご覧下さい。



時効について

 上記の各給付については、時効となる期間を経過すると給付を受けることが出来なくなりますのでご注意ください。




 ページトップへ




このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?