このページの本文へ移動

<郵送・個人用>戸籍証明書等郵便請求方法

公開日:2017年9月8日




 遠方にお住まいのため、または、お仕事などで市役所・各総合支所市民生活課・本庁の各支所の開庁時間帯に 戸籍謄本・抄本などをお受け取りになれない場合は、郵便請求することができます。
 お電話やファックス、電子メール等でのご請求は受け付けておりません。
 
・郵便請求の際に必要なもの
・請求先
・注意事項など                                                  
 
郵便請求の際に必要なもの
  
 戸籍謄本・抄本などを郵便で請求する際は、以下の (1)~ (4)を下関市役所市民サービス課市民係・各総合支所市民生活課市民係・本庁の各支所のいずれかにお送りください。
(1)戸籍証明書等郵便請求書(下部よりダウンロードできます。)
(2)手数料(定額小為替か普通為替)
(3)本人確認書類の写し
(4)返信用封筒

 
(1)戸籍証明書等郵便請求書

「戸籍証明書等郵便請求書」をダウンロードする場合は、下部のダウンロード項目をクリックしてください。

  
 便箋などの白い紙に、以下の内容をご記入いただいてもけっこうです。
 
 

本籍

 【例】下関市南部町1番

筆頭者氏名

 【例】下関 太郎

必要な証明の種類と通数
(必要な方の氏名・生年月日)

 【例】妻・下関 花子の戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)を1通
  (花子の生年月日:昭和3333日)

使用目的(具体的に詳しく)

 【例】パスポート取得のため

提出先

 【例】○○パスポートセンター

請求者の住所と氏名、印
(自署の場合は押印不要)

 【例】下関市南部町1番1号 下関 太郎 (自署の場合は押印不要)

筆頭者と請求者との続柄

 【例】本人

昼間連絡のつく電話番号

 【例】083-231-1111

 最近、戸籍に変動があれば記入してください

 【例】平成21222日に婚姻

 

(2)手数料

 手数料合計分の「定額小為替」(あるいは普通為替)をゆうちょ銀行で購入して、同封してください。(受取人欄は空欄にしてください。)

 手数料は市区町村によって料金が異なる場合がありますので、下関市以外の市区町村に請求される場合は、その市区町村にご確認ください。

 ※全部事項証明書、個人事項証明書とは、コンピューターで管理している戸籍、除籍の証明の名称です。
 ※おつりが生じた場合は、お返しいたします。また、不足が生じた場合は追加で送っていただくこととなりますので、その際はお電話でお知らせします。
 ※出生から死亡まで等、一連の戸籍を請求する場合、手数料として1セット3,000円程度の郵便為替を送付ください。

表:下関市の戸籍謄本等手数料

種類

通数・
件数

手数料

戸籍謄本・全部事項証明書

1通

450円

戸籍抄本・個人事項証明書

1通

450円

除籍謄本・全部事項証明書

1通

750円

除籍抄本・個人事項証明書

1通

750円

改製原戸籍謄本

1通

750円

改製原戸籍抄本

1通

750円

身分証明・独身証明

1件

300円

戸籍の附票

1通

300円

 
(3)本人確認書類の写し
 戸籍等を郵送で請求される場合、本人確認書類の写しを同封してください。
 本人確認書類とは、運転免許証・写真付きの住民基本台帳カード・国民健康保険被保険者証・後期高齢者医療被保険者証などで、現住所が確認できるものの写しです。
 下関市以外の市区町村に請求される場合は、請求先の市区町村にお問合せください。
(4)返信用封筒
 返信用の封筒には、請求者の住所・氏名をご記入の上、送料分の切手を貼付してください。ただし、返送先は、本人確認書類の住所になります。身分証明書、独身証明書、戸籍の附票については、本人確認書類に記載された住所と異なるところへも送付が可能ですが、その場合はその理由を明記してください。
 請求される通数が多い場合は、あらかじめ多めに切手をご同封ください。余った切手は返却いたします。
 なお、速達郵便を希望される方は、通常郵便料金に速達料金分を加えた額の切手を貼付ください。


 
注意事項など 
 
・請求される戸籍に記載されていない方からの請求や、 第三者からの請求には、委任状や関係を証明する書類を添付いただく必要がありますので、ご注意ください。
・謄本(全部事項証明書)とは、その戸籍に記載されている方(除かれた方を含む)全部を写したものです。
・抄本(個人事項証明書)とは、その戸籍に記載されている方のうち必要な方だけを写したものです。
・身分証明とは、禁治産・準禁治産の宣告、成年被後見人の登記および破産に係る通知の有無についての証明です。
・戸籍の附票とは、その戸籍編製以降の住所の異動を記載したもので、謄本(全部の写し)・抄本(一部の写し)があります。
・戸籍のコンピューター化に伴う戸籍の改製(旧下関市 H16.7.10、旧豊浦町 H16.4.17、旧菊川町 H16.5.22、旧豊田町 H15.4.5、旧豊北町 H14.7.20改製)と同時に附票も改製していますので、必要な住所がありましたら、「○○~現在までの附票」、「○○が記載された附票」等明記の上、ご請求ください。その際、複数の附票が必要になることがあります。
・筆頭者とは、戸籍の1番目に記載されている方です。 既婚の方は夫または妻、未婚の方は一般的には父または母になります。
・筆頭者の方が亡くなられても、戸籍の筆頭者は変わりません。
・戸籍業務のコンピューター化に伴い、今までの紙による戸籍は『平成改製原戸籍』として保管されるようになりました。
・コンピューター化前に死亡や婚姻などで除籍された方は、コンピューター化後の戸籍には記録されません。 また記録されない事項も一部あります。 コンピューター化で記録されなかった事項の記載が必要な方は、コンピューター化前の戸籍(平成改製原戸籍、手数料750円) を請求してください。
  

  請求先


表:下関市役所市民サービス課市民係・各総合支所市民生活課市民係・本庁の各支所の連絡先

名称

住所

郵便番号

電話番号

市民サービス課市民係

下関市南部町1番1号

750-8521

083-231-1190

菊川総合支所市民生活課市民係

下関市菊川町大字田部734番地1

750-0313

083-287-4002

豊田総合支所市民生活課市民係

下関市豊田町大字殿敷1918番地1

750-0421

083-766-2079

豊浦総合支所市民生活課市民係

下関市豊浦町大字川棚6895番地1

759-6301

083-772-4015

豊北総合支所市民生活課市民係

下関市豊北町大字滝部3140番地1

759-5592

083-782-1921

彦島支所

下関市彦島江の浦町一丁目3番1号

750-0075

083-266-5254

長府支所

下関市長府土居の内町1番6号

752-0974

083-245-0121

王司支所

下関市王司神田一丁目9番1号

752-0911

083-248-0211

清末支所

下関市清末陣屋5番20号

750-1152

083-282-1138

小月支所

下関市小月本町一丁目7番7号

750-1142

083-282-1120

王喜支所

下関市王喜本町二丁目15番10号

750-1114

083-282-1165

吉田支所

下関市大字吉田地方2499番地

750-1102

083-284-0125

勝山支所

下関市秋根南町二丁目4番33号

751-0872

083-256-2001

内日支所

下関市大字内日下1146番地5

750-0253

083-289-2011

川中支所

下関市綾羅木本町三丁目1番20号

751-0849

083-252-1353

安岡支所

下関市安岡駅前二丁目7番1号

759-6612

083-258-0317

吉見支所

下関市大字吉見下1533番地

759-6523

083-286-2511

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?