このページの本文へ移動

下関市議会のしくみ

公開日:2020年7月1日



議会は、市政の運営に必要な予算や条例などを、市民の皆さんの意見を十分反映して決める議決機関です。
市長は、議会で決められた意思に沿って、住みよい豊かなまちづくりを実現する執行機関です。
議決機関(議会)と執行機関の関係は平等であり、お互いに牽制し調和を図りながら、行政を運営する協力関係にあります。

議長・副議長

議長・副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。 
議長は議会を代表し、議場の秩序を守ること、議事の整理、議会の事務を取りまとめるなどの仕事をします。 
副議長は、議長を助け、議長が病気や出張などで不在のときに、議長の代わりを務めます。

 ページの先頭へ


議会の役割

条例を改廃・制定する 議決権
予算を決める 議決権
決算の適否を審査する 認定権
市の仕事が正しく行われているかどうか 調査・監視権
議長・副議長、選挙管理委員を選ぶ 選挙権
意見書を国・県に提出する 意見書提出権
請願・陳情を審査する 請願・陳情受理権
副市長、行政委員の選任に同意する 同意権
その他法律に定められている主な事柄を決める 議決権

 ページの先頭へ


市議会の会議

・招集

 市議会は、市長の招集により開かれます。決められた日時に議場へ議員が集まって会議を開きます。議員定数の4分の1以上の議員から請求があれば、市長は招集します。

・会期

 議会の会議を行う期間を会期といいます。

・定例会・臨時会

 議会の会議には、決まった時期に開かれる定例会と、必要に応じて開かれる臨時会があります。

・本会議

 議員全員で構成される会議で市の重要な議案を審議し、議会の意思を決めます。原則として、出席議員の過半数で決定します。

 ページの先頭へ


会派等

会派は、市政について同じ考え方、意見を持った議員が集まってつくる団体です。

会派名 所属議員数 会派名 所属議員数
みらい下関 8名 創世下関 7名
志誠会 6名 公明党市議団 5名
日本共産党下関市議団 4名 市民連合 3名
無所属 1名

 ページの先頭へ


委員会

常任委員会の名称、定数、所管は、次のとおりです。
また、総合支所については、総合支所の事務分掌を所管する本庁部局に包含します。

委員会名 定数 所管事項
総務委員会 総合政策部、総務部、財政部、市民部、出納室、監査委員、選挙管理委員会
経済委員会 環境部、観光スポーツ文化部、産業振興部、農林水産振興部、ボートレース企業局、農業委員会
文教厚生委員会 福祉部、こども未来部、保健部、教育委員会
建設消防委員会 建設部、都市整備部、港湾局、上下水道局、消防局

このほか、議会運営委員会は、議会運営を効率的に行うため、各会派の議員の人数に応じて選ばれた委員が集まり、議事の取り運びや意見調整などが行われます。
また、特別委員会は議会が特に必要と認めたとき、議会の議決によって設置されます。

 ページの先頭へ



このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?