このページの本文へ移動

『やまぐち森林づくり県民税』を活用した森林の整備について

公開日:2017年10月13日


山口県では、「やまぐち森林づくり県民税」を活用し、荒廃したスギ・ヒノキの人工林の間伐や繁茂竹林の伐採などの事業を行い、森林の適切な整備に取り組んでいます。

 

〇森林活力再生事業

 1 森林機能回復事業
 
  (1)事業内容
    私有林内で長期間放置され荒廃している36年生以上のスギ・ヒノキの人工林を対象に40%以上の強度間伐を行います。
  (2)事業主体
   森林所有者(森林所有者から施業委託を受けた林業関係団体を含む)
  (3)負担割合
   10分の10の補助事業として実施するもので、所有者のご負担はありません。
  
 2 繁茂竹林整備事業

  (1)事業内容
   私有林内で、繁茂した竹林の伐採及び再生竹の除去を行います。
  (2)事業主体
   県
  (3)負担割合
   県が事業を実施するもので、所有者のご負担はありません。

※なお、各種事業を実施するに当たり、一定の要件があります。
 詳細はこちら→やまぐち森林づくり県民税を活用した森林整備について(山口県森林整備課HPリンク)


【問合せ先】

山口県 下関農林事務所 森林部    (住所)下関市豊田町殿敷1892番地           
                         (電話)083-766-1182

下関市役所 農林水産振興部      (住所)下関市上田中町一丁目16-3 
         農林整備課 森林係    (電話)083-231-1256

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?