このページの本文へ移動

印鑑登録

公開日:2014年9月19日


印鑑登録をしたいとき、印鑑証明書が必要なときの注意事項


印鑑登録をしたいとき、登録している印鑑を変えたいとき

届出先: 市民サービス課・各総合支所市民生活課・本庁の各支所
(サテライトオフィスでは、登録できません。)
登録の資格:   下関市に住民登録している方
  満15歳以上で、成年被後見人 でない方
登録できない印:   他の人がすでに登録している印
  ゴム印など印影が変化しやすいもの
  印影が不鮮明、判読が困難なもの
  縁のないもの・欠けたり摩耗しているもの
  職業など他の事項を合わせて表しているもの
  印影が25mmの正方形に納まらないもの
  印影が8mmの正方形に納まるもの
  氏名、氏、名、氏および名の一部を組み合わせたものなどで表されていないもの
  指輪の印
登録手数料: 300円 

※印鑑登録をするためには、本人確認および本人の意思確認が必要になります。
  印鑑登録の申請方法は下記の4通りです。
 (詳しくは市民サービス課までお問い合わせください。)

(1)登録するご本人が来庁され、官公署発行の写真付きの身分証明書を持っている場合

   必要なもの:   登録する印鑑
  官公署で発行された 写真付きの身分証明書で有効期限内のもの(写真付き住民基本台帳カード・運転免許証・旅券など)
補足: 印鑑登録証を即日交付し、印鑑証明書を取る事もできます。

(2)登録するご本人が来庁され、下関市で印鑑登録をしている人が申請書裏面の「保証書」 に登録印により保証した場合

   必要なもの:   登録する印鑑
  保証書欄を記入・押印した申請書
  身分証明書(健康保険被保険者証・年金手帳など)
補足:   保証人ご本人に申請書の保証人 欄を記入していただき、登録している印鑑を押していただきます。
 (保証人は、下関市に住民登録され印鑑登録されている方に限ります。)
  印鑑登録証を即日交付し、 印鑑証明書を取る事もできます。

(3)登録するご本人が来庁されているが、官公署発行の写真付きの身分証明書がなく、保証人の記入もない場合

   必要なもの: 登録する印鑑
補足:   印鑑 登録証を即日交付することはできません。
  申請受付後、ご本人あての照会書 を簡易書留郵便で送付します。
  申請から2週間以内に、 署名・押印された照会書、登録する印鑑、 来庁者の身分証明書(健康保険被保険者証・年金手帳など)を持って、再度ご来庁されたときに印鑑登録 証を交付します。

(4)代理人が来庁される場合

   必要なもの:   登録する印鑑
  代理人選任届(委任状)
  代理人の印鑑
補足:   印鑑 登録証を即日交付することはできません。
  登録 申請(最初の受付)には、必ず登録する印鑑が押印されている代理人選任届(委任状)が必要です。
  申請受付後、ご本人あての照会書 を簡易書留郵便で送付します。
  申請から2週間以内に、署名・ 押印された照会書、登録する印鑑、代理人の印鑑、 来庁者の身分証明書(健康保険被保険者証・年金手帳など)を持って、再度ご来庁されたときに印鑑登録 証を交付します。

 「代理人選任届(委任状)」をダウンロードする場合は、下記をクリックしてください。

  ダウンロード 代理人選任届(委任状)(147KB)(PDF文書)

  ページトップへ


印鑑登録証明書の交付を受けたいとき

請求場所: 市民サービス課・各総合支所市民生活課・本庁の各支所・サテライトオフィス
   必要なもの:   印鑑登録証
  本人確認書類
  手数料(1通につき300円) 注)
補足: 代理人が請求される場合は、代理人の本人確認書類と本人の印鑑登録証を持参し、本人の住所・氏名・生年月日を正しく記載できることが 必要です。
※印鑑登録証は、必ず持参してください。印鑑をお持ちになられても発行は、お断りします。

※旧豊浦郡四町の印鑑登録証も、下関市の印鑑登録証として引き続き使用できます。 旧下関市や旧豊浦郡四町で印鑑登録をされていた方で希望される方には、 カード式の新しい印鑑登録証を無料で引替いたします(詳しくは市民サービス課までお問い合わせください)。

  ページトップへ


注) 証明書自動交付機を利用して交付を受ける場合は1通200円です。


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?