このページの本文へ移動

旧下関英国領事館—活用検討ワーキングたより No.1

公開日:2010年2月16日


旧下関英国領事館 活用検討ワーキングたより
活用とは...たてものを生かすこと、たてものに生かされること
皆さんの人生と、領事館の活用を重ねてみませんか?

「活用検討ワーキング」の予定は?→ 07年6月~12月の間、4回程度開催します。

1回目) まずは「活動目的」、「活動内容」、「最終目標」を確認

「活動目的」
・参加者一人ひとりが、領事館のよさを知る・伝える。(領事館をより深く知るために、周辺の歴史的建造物のよさも学びます)
※伝える—例えば学習プログラムの作成、見学ルート(ディスカバリー・トレイル)のプランを考える、シンボルマークのデザイン、愛称を選定する、など 
・保存工事修理中および修理後の「みせ方・使い方(役割)」を考える

「活動内容」
・WGでの意見を、オープンハウスで市民に説明する
  説明者:WGメンバー+ボランティア

「最終目標」
・オープンハウスでの意見も加味して、提案を行う

2回目) 領事館の役割を考えよう
1. 市民にとって 2. 来訪者にとって
 
3回目) 領事館の役割に必要となるものは?

オープンハウス

4回目) WGとしての意見をまとめよう

保存修理工事はどのようなことを行うの?
大きな地震が起こった時に見学者や周辺の人々に被害が及ばないよう、建物本体の構造補強を行います。また、領事館は明治期の埋立地という地盤の弱い場所に建っていますので、地盤を改良します。それ以外に、100年が経過した分だけの傷みが建物に生じていますので、必要最小限の材料の取り替えや浮いている漆喰(しっくい)壁を塗り直したりします。

お問い合わせ先
下関市教育委員会文化財保護課
〒750-8521 下関市南部町1-1
Tel 0832-31-4697
Fax 0832-22-8333
kibunkak@city.shimonoseki.yamaguchi.jp



旧下関英国領事館トップへ
 
旧下関英国領事館の建築についてトップへ
旧下関英国領事館100年のあゆみ
活用検討ワーキングについてトップへ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?