このページの本文へ移動

漂流・漂着するポリ容器にご注意を!!

公開日:2012年12月21日


漂流・漂着しているポリ容器を見つけたときには、次のことにご注意下さい。

漂着ポリ容器を見つけた時には・・・

○ ポリ容器の中には、有害な液体が入っている可能性がありますので触らないで下さい。

○ 有害な液体が入っていると思われるポリ容器を見つけた時には最寄りの市役所又は総合支所(下記連絡先)に連絡して下さい。

○ 万が一、体に液体が付着した時には、大量の水で洗い流し、すぐに病院で診察を受けて下さい。

海上で漂着ポリ容器を見つけた時には・・・

○ ポリ容器の中には、有害な液体が入っている可能性がありますので、船などに引き揚げないで下さい。

○ 漁網にかかった場合は、そのまま海に戻して下さい。その際には直接手で触れないようご注意下さい。
   
○ 最寄りの海上保安部署(118番)に連絡して下さい。


【参考】これまで他県で確認されている漂着ポリ容器の内容物

●酢酸(CH3COOH)
   有害性:蒸気は眼および気道を強く刺激する。
      触れると皮膚および眼に薬傷を起こす。

●硝酸(HNO3)  医薬用外劇物(10%を超えるもの)
   有害性:皮膚に触れた場合は薬傷を起こす。眼に入ると失明の危険がある。
             
●過酸化水素水(H2O2)  医薬用外劇物(6%を超えるもの)
  有害性:刺激性あり。皮膚に付着すると痛みを感じ、表皮に白斑を生じる。
       眼に入ると失明のおそれがある。

<お問い合わせ先>

 ・ 下関市役所防災安全      Tel083-231-9333
 ・ 下関市役所豊浦総合支所  Tel083-772-0611
 ・ 下関市役所豊北総合支所  Tel083-782-0061


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?