このページの本文へ移動

市民サービス課で取扱う主な証明書類等と手数料

公開日:2014年1月28日




表:証明書類等と手数料
窓口で証明書の交付請求、届出をされる場合、来られた方(本人・代理人)の本人確認書類が必要です。
種別 手数料 必要な物 備考
住民票の写し 1通
300円
代理人が請求するときには、本人の署名・押印のある委任状と代理人の本人確認書類 郵便で請求することもできます。
住民票記載事項証明 1件
300円
代理人が請求するときには、本人の署名・押印のある委任状と代理人の本人確認書類 公的年金受給に係る証明で提出先から届いた様式に証明するものについては無料です。
不在住証明 1通
300円
来庁者の本人確認書類 「現在○市○町○番○号に何某の住民登録がない」ことを証明するものです。
転出証明 無料 ・代理人が届出される場合は、本人の署名・押印のある委任状と代理人の印鑑・本人確認書類
・印鑑登録証(印鑑登録者のみ)
・国民健康保険被保険者証・介護保険被保険者証・福祉医療費受給者証(乳幼児用)など
郵便で請求することもできます。
※詳細は市民サービス課にご確認ください。
印鑑登録証明 1通
300円
印鑑登録証と本人確認書類 郵便で請求することはできません。
印鑑登録証 1件
300円
・登録したい印鑑
・官公署で発行された写真付きの身分証明書(運転免許証・旅券など)
・代理人の場合は、本人の署名・押印のある委任状と登録したい印鑑と代理人の印鑑
※詳細は市民サービス課にご確認ください。                 
戸籍謄本(全部事項証明)
戸籍抄本(個人事項証明)
1通
450円
・代理人が請求するときには、本人の署名・押印のある委任状と代理人の本人確認書類 郵便で請求することもできます。
除籍謄本(全部事項証明)
除籍抄本(個人事項証明)
改製原戸籍謄本
改製原戸籍抄本
1通
750円
・代理人が請求するときには、本人の署名・押印のある委任状と代理人の本人確認書類 郵便で請求することもできます。
身分証明 1通
300円
・代理人が請求するときには、本人の署名・押印のある委任状と代理人の本人確認書類 禁治産・準禁治産の宣告、成年被後見人の登記および破産に係る通知の有無についての証明です。
受理証明 1通
350円
・代理人が請求するときには、本人の署名・押印のある委任状と代理人の本人確認書類 戸籍に関する届書を受理したことを証明するものです。
上質紙による証明は1,400円です。
戸籍の附票の写し 1通
300円
・代理人が請求するときには、本人の署名・押印のある委任状と代理人の本人確認書類 住所の異動を記載したもので、謄本・抄本があります。
不在籍証明 1通
300円
来庁者の本人確認書類 「現在○市○町○番○号に何某の本籍がない」ことを証明するものです。
住居表示の変更証明 無料 証明が必要な方の氏名および新・旧住所 住居表示によって住所が変更したことの証明です。
自動車臨時運行許可 1台
750円
・申請者の印鑑(法人の場合は代表者印)
・自賠責保険証書の原本(臨時運行する期間のもの)
・自動車検査証など(車検証、廃車証、完成検査修了証、車台番号の拓本など)車台番号が確認できるもの
※申請者の住所が市外の場合は、下関市内に居住する保証人が必要です
車検切れの自動車に検査・登録のための臨時的な運行を許可し、番号票(ナンバープレート)をお貸しするものです。
所得・課税証明 1通
300円
・代理人が請求するときには、本人の署名・押印のある委任状と代理人の本人確認書類 市民税の証明について(詳細)
納税証明 1件
300円
・代理人が請求するときには、本人の署名・押印のある委任状と代理人の本人確認書類 納税の証明について(詳細)
固定資産(評価・公課)証明 1枚
300円
・代理人が請求するときには、本人の署名・押印のある委任状と代理人の本人確認書類 2枚目以降は1枚100円。
固定資産の証明について(詳細)
軽自動車税納税証明(車検用) 無料 納税(車検用)の証明について(詳細)



注 ※ 平成21年1月1日より、税務証明書交付の際も、本人確認書類が必要になりました。



このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?