このページの本文へ移動

下関市健康づくり計画「ふくふく健康21」

公開日:2021年1月27日


下関市健康づくり計画「ふくふく健康21」のページ
誰もが健康でふれあいを大切にした温かみのあるまち

ふくふく健康21とは


 平成12年3月に国が「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)を策定しました。
 その地方計画として、合併前の旧市町において「いきいき健康下関21」と「とようらぐ?んと健康21計画」がそれぞれ策定されていましたが、 平成17年2月の合併に伴い、新たに下関市における健康づくり計画として、この「ふくふく健康21」を策定しました。
 「ふくふく健康21」は市民の皆さん一人ひとりが健康づくりに取り組むためのガイドブックです。
 下関市が健康でいきいきと暮らせるようなまちになるよう、健康づくりのために、ご自分ができることからはじめ、みんなで「ふくふく健康21」をすすめましょう。

 ページトップへ


計画の期間


 当初の計画期間は、国の「健康日本21」の目標年度に合わせ、平成19年度から平成22年度としました。
 しかし、国・県ともに医療費適正化計画など関連する他の計画との整合性を図るため、2年間(平成24年度まで)の延長を実施しているため、 本市の「ふくふく健康21」も国・県の動向を踏まえた評価を行う必要があるため、計画期間を3年間(平成25年度まで)延長することになりました。
そのため、当初の最終年度である平成22年度に中間評価を実施し、必要な項目の追加などの見直しを行いました。中間評価・見直し計画のページはこちらからジャンプ(新しいウィンドウで表示されます)

 
計画の期間の図

 ページトップへ


特徴


 この計画では、生涯を「乳幼児期(0?5歳)」、「学童期(6?12歳)」、 「思春期(13?19歳)」、「青年期(20?39歳)」、「壮年期(40?64歳)」、「高齢期(65?74歳) (75歳以上)」の6つの世代に分け、それぞれの世代ごとに市民が考えた「めざす姿」を目標に、 健康づくりの観点から、ライフスタイル(生活習慣)のポイントをあげています。
 現在、下関市の死亡原因を見ると、生活習慣に起因する疾患が上位を占めています。健康的な生活習慣を獲得する ためには、生活習慣が確立する前の世代からの取り組みと、疾患が増加する世代での生活習慣の 見直しが重要になります。
 そこで、一般的に「青年期」の世代を親に持ち、生活習慣が確立する世代である 「乳幼児期」と「学童期」、「思春期」の親世代であり、「高齢期」の世代の親をもち、 生活習慣病が増加し始める世代である 「壮年期」を重点世代と設定しました。

 「乳幼児期」「壮年期」を足がかりとして、市民全体の健康づくり に取り組んでいきます。

 
全世代の図


重点世代の目標と取り組み

 1)乳幼児期(0歳?5歳)

 乳幼児期は、健康づくりの出発点であり、生活習慣の基礎が確立する大切な時期です。このことから歯の健康や食事、おやつの与え方、睡眠、生活リズムなどの基本的な生活習慣の基礎を身につけることが大切になります。
 そこで、優先的に取り組むライフスタイルのテーマを「朝食」「早寝早起き」「むし歯」とし、それぞれに目標や目標値を決めました。

乳幼児期に優先的に取り組むライフスタイルと目標値


 2)壮年期(40歳?64歳)

 壮年期は、社会的に大きな責任をもつ世代であるとともに、身体機能の低下が徐々に進み、生活習慣病が増える時期です。また豊かな高齢期を迎えるための準備を始める時期です。このことから生活習慣病を予防することや心の健康づくりなどが必要となります。
 そこで、優先的に取り組むライフスタイルのテーマを「食生活」「運動」「休養・ストレス」とし、 それぞれに目標や目標値を決めました。

壮年期に優先的に取り組むライフスタイルと目標値 

  

 ページトップへ


計画推進のホームページ

     
ふくふく健康ひろばふくふく健康ひろば   
  
ふくふく健康21を推進する推進チームの紹介や健康豆知識、健康づくりのための貸出し物品の一覧などを掲載しています。   
  
こちらからジャンプ(新しいウィンドウで表示されます)   
下関おすすめウォーキングマップ下関おすすめウォーキングマップ   
  
運動習慣を身につける第一歩として、平成22年度から『ウォーキング』を重点テーマに進めています。このウォーキングマップも その一環として作成し、健康づくりに役立つ情報として提供しています。   
  
こちらからジャンプ(新しいウィンドウで表示されます)   

 ページトップへ


目次


第1章 計画の概要
  
  1.計画策定の背景
  2.計画策定の目的
  3.計画の位置づけ
  4.計画の期間
  5.計画策定の基本的考え方
  6.計画の策定体制
 
第2章 下関市の現状
 
第3章 健康づくりの取り組み
  1.計画のイメージ
  2.世代別ライフスタイルのポイント
  3.重点世代の目標と取り組み
  4.健康づくりの主要指標と目標値
 
第4章 計画の推進
  1.計画の推進
  2.市民参加の促進
  3.計画の推進体制
  4.健康づくり関連団体・地区組織の取り組み
  5.健康づくり関連事業
 
資料集
  1.健康づくり豆知識
  2.アンケート調査結果
  3.計画策定の過程
  4.策定部会メンバー名簿
  5.策定部会メンバーからのメッセージ
  6.下関市健康づくり推進協議会委員名簿

 ページトップへ


 

ふくふく健康21(第二次)


 下関市では、平成19年3月に策定した下関市健康づくり計画「ふくふく健康21」のもと、関係者・組織・団体と連携・協力しながら市民の健康づくりの推進に努めてきました。
 一次計画を推進する中で、いのちを考え、それを意識した時に初めて、人は自分の健康に目をむけ、関心を持つのではないかと改めて気づかされました。
 そこで、一次計画を受け、「いのちを考える」ということを意識しながら、市民の方が主体的に健康づくりに向かえるように、「ふくふく健康21(第二次)」(計画期間:平成26年度から平成35年度)を策定しました。

ふくふく健康21(第二次)の詳細について(新しいウィンドウで表示されます)

 ページトップへ


お問い合わせ先

     
  • 保健部健康推進課
  • 電話:083-231-1408
  • 唐戸保健センター
  • 電話:083-231-1233
  • 新下関保健センター
  • 電話:083-263-6222
  • 山陽保健センター
  • 電話:083-246-3885
  • 彦島保健センター
  • 電話:083-266-0111
  • 菊川保健センター
  • 電話:083-287-2171
  • 豊田保健センター
  • 電話:083-766-2041
  • 豊浦保健センター
  • 電話:083-772-4022
  • 豊北保健センター
  • 電話:083-782-1962

     ページトップへ



    添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
    (別ウィンドウで開きます。)


    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?

    このページの内容はわかりやすかったですか?

    このページの内容は参考になりましたか?