このページの本文へ移動

下関市景観基本計画を策定しました。

公開日:2013年3月31日


計画の目的

 関門海峡や美しく長い山陰海岸、培ってきた厚みのある歴史・文化、人々の営みにより育まれた農山漁村風景など、本市の魅力ある景観と豊かな自然環境を市民共通の資産として見つめ直し、これらのかえがえのない景観を人々との関わりの中で守り、創り、そして育む景観まちづくりを推進するため、市民・事業者・行政が共有できる景観まちづくりの目標や基本方針、地域別の景観形成方針や実現化方策等を示した「下関市景観基本計画」を作成しました。

構成

 この計画は以下の項目により構成されています。

1.下関市景観基本計画について
 景観基本計画策定の背景・目的等について記述しています。

2.景観資源及び景観特性
 下関市の景観を形成する要素、景観資源、景観特性について記述しています。

3.下関市の景観の問題・課題
 景観形成上の問題点、課題について記述しています。

4.景観まちづくりの目標・基本方針
 景観まちづくりの基本理念・目標、基本方針について記述しています。

5.骨格景観の景観形成方針
 骨格景観の設定、景観形成方針について記述しています。

6.地域別景観形成方針
 地域区分の設定、地域別景観形成方針について記述しています。

7.景観まちづくりの実現化方策
 景観まちづくりの実現化方策、推進体制について記述しています。

資料編
 
景観施策の近年の動向、下関市の景観資源一覧、市民意識調査(アンケート)結果等について記述しています。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?