このページの本文へ移動

悪質業者にご注意を!

公開日:2016年2月5日


上下水道局職員を装ってご家庭を訪問し、浄水器の販売、水質検査及び排水設備の清掃などを行う悪質な「訪問販売」が多発しています。上下水道局では、機器の販売や斡旋、お客さまから依頼のない水質検査は行っていません。また、漏水調査は昼間におこなっており夜間はおこなっていません。

事例1) 

業者が訪問し、水道水の検査を行い、残留塩素の測定値が0.4mg/Lであるためお宅の水道水は飲めないと言われ、水道工事を勧める手法。

※水道水の残留塩素水質基準値は0.1mg/L以上ですので水質に問題はありません。

 

事例2)

水道水の検査を無料で行っていると家人に伝え、蛇口から採った水道水に薬品を加え、水がピンク色や黄色に変化するのを見せ、発がん性物質が含まれていると不安をあおり、高額な浄水器を売りつける手法。

※水道水に含まれる残留塩素を測るための薬品は、上下水道局でも使用しています。この薬品を水道水に加え、水道水がピンク色に変化するのは残留塩素が入っている証拠です。水道水が安全だということを示すものなので、ご安心ください!

 

不審に思われる場合は、上下水道局に電話にて確認してください。

 上下水道局 企画総務課  電話083-231-8754

万が一、被害にあわれ、高額な商品代金や作業料金を請求された場合は、県・市の消費生活センターまでお問い合わせください。

山口県消費生活センター 電話083-924-0999

下関市消費生活センター 電話083-231-1270 (市役所本庁舎 新館5階)

 

 

悪徳異業者イメージ

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?