このページの本文へ移動

個人情報保護制度

公開日:2018年7月30日


下関市では、下関市個人情報保護条例を施行しています。

ここでは、下関市の個人情報保護制度の概要及び申請書様式の提供を行います。

1 個人情報保護制度の概要

 ◆ 趣旨

  個人情報保護制度とは、市が保有している個人情報を適正に取り扱うことにより個人の権利利益を保護するものです。

 ◆ 条例と手続の流れ

2 請求方法

  個人情報開示請求書等に必要事項を記入して、窓口に提出してください。その際、請求しようとする個人情報の本人であることを証明するための書類として、運転免許証、パスポート、健康保険の被保険者証等(写真がはられていない場合は複数種類)の原本が必要です。なお、郵送による請求の場合は、これらの複数種類の写しの提出が必要です。

 ◆ 教育委員会等の市長以外の実施機関に請求を行う場合は、あて先を修正して

  請求してください。

  (市長以外の実施機関:下関市教育委員会、下関市選挙管理委員会、下関市公平委員会、

   下関市監査委員、下関市農業委員会、下関市固定資産評価審査委員会、

   下関市上下水道事業管理者、下関市ボートレース事業管理者、下関市消防長、下関市議会、

   公立大学法人下関市立大学、地方独立行政法人下関市立市民病院)

   ※写しの交付は費用がかかります。

     ex 白黒コピー A3用紙以下のサイズ 1枚当たり 10円

  ◆ 下関市個人情報保護条例に基づく開示等の請求書

3 個人情報の開示等の実施状況

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?