このページの本文へ移動

人権教育指導者研修会を開催しました

公開日:2015年3月17日


小野先生写真

 市民の皆様を対象に、本研修を通じて人権尊重の理念について正しい理解を深め、一人ひとりの人権が尊重された街づくりの実現を目指し、平成27年1月から3月の間3回にわたり、川中公民館にて人権教育指導者研修会を開催いたしました。  

 第1回は1月14日(水)、美祢社会復帰促進センター所長の小野和典さんに「受刑者の人権と社会復帰」と題して、刑を終えて社会に復帰する人たちの人権問題についてご講演いただきました。

 受講者からは「テレビからのイメージよりも理解が深まりました」などの感想をいただきました。

 

奥田先生写真

 

  第2回は2月12日(木)、NPO法人抱樸理事長の奥田知志さんに「『助けて』と言える社会を目指して-生活困窮者支援の現場から-」と題し、ホームレスの自立支援についてご講演いただきました。

 受講者からは「きめ細かい支援は、人間愛からということを知りました」、「人と人とのつながり、絆の深い意味も理解できました」などの感想をいただきました。

 

 

模擬写真

 

 第3回は3月12日(水)、下関市人権啓発指導員による「模擬討論会」を開催しました。グループに分かれて、「社会の安全と人権-防犯カメラについて考える-」をテーマに協議し、グループで意見を出し合い、討論しました。

 受講者からは「いろいろ経験がつめました」などの意見をいただきました。

 

 今後も工夫をこらし、市民のみなさまに満足いただける研修を企画してまいりますので、引き続きご支援、ご協力をお願い申し上げます。


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?