このページの本文へ移動

公開日:2018年7月2日

 このコーナーは、前田市長が市政を中心として、今思っていることや感じていることを、市長自らのことばで皆さんにメッセージとしてお届けするものです。(登録文字数に上限があるため、一定期間を経過したものは削除いたします。)

こんにちは。市長の前田晋太郎です。下関市では昨年から市の職員を市外からのみ募集する「移住定住促進枠」を新たに設け、スタートしました。初めての試みでしたが、5人の募集枠に対して、予想をはるかに超え、なんと127人の応募があり、とても驚きました。
 チャンスがあればふるさと下関に帰りたい! 下関市に魅力を感じ住んでみたい! という方がこんなにたくさんいることを大変うれしく思います!
 昨年に引き続き今年も6人程度の募集を行う予定です。
 全国の地方都市では都会への若者の流出が多く人口減少につながっています。下関市も同じです。都会への憧れや、地元には仕事が無いということが理由ですが、その一方で地元の中小企業や大手企業の下関工場などからは「募集をしても人が足りない、集まらない」といった声をよく耳にします。行政としては、自らが先頭に立って採用することも必要ですが、この情報と認識のギャップをどう改善していくか、仕事に就きたい人たちにどう情報を届け、マッチングを強化するかが重要だと考えています。
 都会に出ている方には、家族、ふるさとを思い心配し、チャンスがあれば下関に帰りたい! と思っている方が多くいると思います。「そろそろ下関に帰って来んかね?」
 私は、一緒に下関市を盛り上げてくれる職員を募集し、下関市へ帰ってきてくれる方を応援します!


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?