このページの本文へ移動

JR通勤定期割引制度の利用に必要な証明書の交付について

公開日:2019年9月10日


1.業務の概要

 JR各社が実施している特定者を対象とした通勤定期乗車券の割引制度を利用する際に必要な以下の2種類の証明書を交付します。

  (1) 特定者資格証明書
     特定者用通勤定期乗車券(以下「特定者用定期券」という)の購入並びに特定者用定期券により
     乗車する場合に特定者が携帯する証明書

  (2) 特定者用通勤定期乗車券購入証明書
     特定者用定期券を購入する際、申込書に添付して駅の窓口に提出する証明書

 

2.対象者(特定者)

 児童扶養手当を受給している方(以下「受給者」という)、または同一世帯の方でJRの通勤定期乗車券を利用される方

 【注意】 児童扶養手当が全部支給停止になっている方や通学など通勤以外の定期乗車券の購入には使用できません。

 

3.手続方法

 (1) 特定者資格証明書 

   ◆申請に必要なもの
    (1) 通勤定期券を購入する方の証明写真
       半年以内に撮影した縦4cm×横3cmで正面上半身のもの。
    (2) 印鑑
      みとめ印可。なお、署名(申請者名を自署)の場合、印鑑は不要です。
    (3)児童扶養手当証書

   ◆ 申請方法
      申請者(受給者)が市役所の窓口に来られて手続きされて下さい。

   ◆ 交付方法
      申請後1週間程度で特定者資格証明書をご自宅に郵送します

   ◆ 有効期間
      証明書の発行日から1年。

 

 (2) 特定者用定期乗車券購入証明書

   ◆申請に必要なもの
    (1) 定期乗車券を購入される方の特定者資格証明書
       資格証明書の証明番号が分かる方は提示不要です。
    (2) 印鑑
      みとめ印可。なお、署名(申請者名を自署)の場合、印鑑は不要です。
    (3)児童扶養手当証書
      担当職員がこども家庭課の所有する児童扶養手当に関する情報を閲覧することに同意された場合には提示不要です。

   ◆ 申請方法
      申請者(受給者)が市役所の窓口にて手続きされるか、申請書に必要事項を記入の上、郵送で提出して下さい。
      ※ 申請書はこのページでダウンロード可能です。

   ◆ 交付方法
     申請書提出後、一週間前後でご自宅に送付します。

   ◆ 有効期間
      証明書の発行日から6ヶ月。

 

 【注意】初めて特定者用定期乗車券を購入する場合や、特定者資格証明書の有効期間が過ぎている場合などは、(1)、(2)の申請を同時に行うことが出来ます。この場合、二つの証明書を同時に交付しますので、交付まで約1週間必要になります。

 

4.証明書の失効-以下に該当した場合、届出が必要です-

 有効期間内であっても、以下に該当した場合、証明書は無効となります。

  (1) 特定者の資格を失ったとき
     (ひとり親家庭でなくなったとき、児童扶養手当が全部支給停止になったとき、児童扶養手当受給者以外の世帯員が
    特定者の証明を受けている場合に、児童扶養手当受給者とその者が同一世帯でなくなったときなど)
  (2) 氏名が変わったとき
  (3) 住所を移転したとき
  (4) 特定者資格証明書の表示が不鮮明になったとき

 【注意】(1)以外で引き続き当制度の利用を希望される方は、改めて証明書の交付が必要です。

その他ご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせください。

 

5.申請・問い合わせ窓口

         こども家庭支援課相談支援係(083-231-1358)

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?