このページの本文へ移動

下関市国民保護計画

公開日:2019年1月24日


計画の目的
 我が国の平和と安全を確保するためには、不断の外交努力により、武力攻撃の発生を未然に防ぐことが何よりも重要です。
 しかし、こうした外交努力にもかかわらず、万が一、国民の安全に被害が及ぶ事態が発生し、またはそのおそれがある場合、国や地方公共団体は、国民の生命、身体及び財産を保護する必要があります。
 このため、下関市は「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(通称「国民保護法」)に基づき、我が国が外部から武力攻撃を受けた場合や平時に大規模なテロ等が発生した場合に、市内に居住又は滞在している人の生命、身体及び財産を保護するため、住民の避難や救援及び武力攻撃災害への対処に関する措置など、国民の保護のための措置等を定めた「下関市国民保護計画」を平成19年1月に作成しました。
 平成30年10月に、組織改正等に伴い計画の本編の一部を変更しました。

計画の構成
 この計画は、5編の本編と資料編で構成されており、以下の内容を記載しております。

表紙・目次

第1編 総論
 市の責務、国民保護措置に関する基本方針等

第2編 平素からの備えや予防
 市の組織体制、関係機関との連携体制等

第3編 武力攻撃事態等への対処
 対策本部の設置、警報及び避難の指示、救援、武力攻撃災害への対処等

第4編 復旧等
 応急復旧、武力攻撃災害の復旧、費用の支弁等

第5編 緊急対処事態への対処
 緊急対処事態等

資料編
 本編に関連する資料をまとめたものです。

関係サイト
 
リンク
 内閣官房 国民保護ポータルサイト
 消防庁 国民保護
 山口県の国民の保護
 「武力攻撃やテロなどから身を守るために」(パンフレット)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?