このページの本文へ移動

ふるさとしものせき応援寄附金(ふるさと納税)のご案内

公開日:2020年9月1日


ふるさとしものせき応援寄附金 

詐欺サイトにご注意ください!

ふるさと納税の寄附を偽装した詐欺サイトの存在が全国で確認されております。 本市のインターネット経由での寄附受付窓口は 『ふるさとチョイス』 『G-Call』 『ANAのふるさと納税』 『ふるなび』 の4ポータルサイトのみとなっておりますのでご注意ください。

 1.【ふるさと納税とは】

自分が生まれ育った「ふるさと」に貢献したい、転勤や旅行で訪れた地域を応援したい、という気持ちを形にする仕組みとして、地方公共団体(都道府県や市町村)に対して寄附を行った場合、2千円を超える部分について住民税、又は所得税と住民税の全額が控除される制度です。(ただし、個人住民税の概ね2割が上限)

 2.【寄附申込について】

「ふるさとチョイス」 「ANAのふるさと納税」 「ふるなび」 でお申込みの場合

 下記のバナーをクリックし、ふるさと寄附受付納税ポータルサイトからお申込みください。
 
    ふるさとチョイス       
 
 ANAのふるさと納税
 
   ふるなび
 
 
【お問い合わせ先】 

JTBふるさと納税コールセンター 

☎ 0570-666-532 

(平日10:00~17:00 年中無休1/1~1/3を除く)

 

「G-Callふるさと納税」でお申込みの場合

 下記のバナーをクリックし、ふるさと納税寄附受付ポータルサイトからお申込みください。

   G-Callふるさと納税

【お問い合わせ先】  

G-Callショッピングコールセンター

☎ 0120-979-256

(9:00~18:00日祝除く)

 

 3.【返礼品について】

5千円以上の寄附をしていただいた方には、寄附金額に応じて下関市から感謝の気持ちを込めて返礼品をお贈りします。 お礼の品は、寄附金額に応じてお選びいただけます。ただし、下関市在住の方にはお礼の品はお贈りできません。

 4.【ワンストップ特例制度について】 

 
ワンストップ特例制度とは?

確定申告の不要な給与所得者等で、1年間の寄附先が5自治体まででふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組みです。この制度を利用した場合、控除額のすべてが翌年度の住民税から控除されます。

  「ワンストップ特例制度」を使うためには、以下の条件を満たす必要があります。 
 
条件を満たさない場合は、住所地等の税務署で確定申告を行ってください。
 
 
    
 ワンストップ特例制度をご利用の方は上記申請書のほか、必ず添付書類が必要です。 平成28年のマイナンバー導入に伴い、なりすまし防止のために「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」のコピーを申請書と一緒に郵送することが必須になりました。下表の書類をご準備の上、寄附した自治体宛にご送付ください。
 
≪下表≫
※その他の番号確認・本人確認ついては《総務省のWEBサイト》の表をご覧ください。
※ふるさと納税の制度概要や税額控除シミュレーションは総務省ふるさと納税ページへ)
 
 
 申請書の郵送は、寄附をした年の翌年1月10日必着です。期日に間に合わなかった場合や、記載または添付書類に不備等があった場合は、別途確定申告をする必要があります。
 
 
 ワンストップ特例制度の申請書を提出後、寄附した年の翌年1月1日までの間に名前や住所等 (電話番号を除く) 変更があった場合は、「申請事項変更届出書」をダウンロードし、必要な事項を記載して、寄附した年の翌年1月10日までに、申請書を【提出した自治体】に提出してください。
 
 
  申請書とその他の必要書類は寄附をするたびに、自治体に郵送する必要があります。例えば、同じ自治体に2回寄附をした場合は、2通の申請書と必要書類を郵送します。申告漏れは控除の対象になりませんのでご注意ください。

   申請書およびその他の必要書類の準備ができたら、寄附をした自治体へ郵送にて提出してください。 押印が必要な為、FAXやメールでの提出はできません。       

 

  5.【寄附金の使途】

 皆さまから頂戴しました寄附金は、以下の目的で活用します。

 1.「新しい生活様式」を踏まえた地域経済の活性化を目的とする費用

  【概要】新たな日常に向けた強靭かつ自律的な地域経済を構築するため、社会的な環境の整備や新たな暮らしのスタイルの確立、新たな付加価値を生み出す消費・投資を促進するもの

 2.市長におまかせ

 

 

  6.【寄附実績の公表】

令和元年度は、全国の皆様より4,423件、総額250,223,000円もの寄附をいただきました。いただいた寄附金は、下関市が目指す将来像の実現に向け、様々な事業の財源として活用させていただきます。今後とも皆様からの下関市への温かいご支援に心よりお礼申し上げます。

年度   件数(件) 金額 (円)
平成21年度

66

2,157,010
平成22年度 135 2,775,000
平成23年度 155 7,787,000
平成24年度

153

5,528,614
平成25年度 185 5,793,000
平成26年度 2,565 110,478,999
平成27年度 3,622 154,893,684
平成28年度 2,124 89,983,999
平成29年度 6,127 212,835,560
平成30年度 5,655 230,259,000
令和元年度 4,423 250,223,000

 

<寄附金希望充当先> 

 【令和元年度】

活用先 件数(件)   金額(円)    構成 比

1.子どもの安全確保・健全育成等を目的とした、

公園・児童施設等の環境整備のため

1,371 71,521,000 28.58%

2.歴史的資源を次代へ継承することを目的とした、

歴史的建造物等の保全・活用のため

645 31,612,000 12.63%

3.二酸化炭素排出量の削減を図り、低炭素都市

への転換を目的とした、環境保全のため

357 19,714,000 7.88%

4.「ふるさとしものせき」の活性化を目的とした、

魅力あるまちづくりのため

556 27,568,000 11.02%

5.市長におまかせ

1,494 99,808,000 39.89%

【平成30年度】

活用先 件数(件) 金額(円) 構成比

1.子どもの安全確保・健全育成等を目的とした、

公園・児童施設等の環境整備のため

2,454 99,600,000 43.25%

2.歴史的資源を次代へ継承することを目的とした、

歴史的建造物等の保全・活用のため

676 26,934,000 11.70%

3.二酸化炭素排出量の削減を図り、低炭素都市

への転換を目的とした、環境保全のため

305 12,089,000 5.25%

4.「ふるさとしものせき」の活性化を目的とした、

魅力あるまちづくりのため

680 27,817,000 12.08%

5.市長におまかせ

1,540 63,819,000 27.72%

 【平成29年度】

 活用先  件数(件) 金額(円)  構成比 
 1.都市基盤 254  9,025,000  4.24% 
 2.自然環境・生活環境 988  34,952,510  16.42% 
 3.産業振興 366  11,888,300  5.59% 
 4.観光振興 597  19,430,000  9.13% 
 5.保険・医療・福祉 808   29,195,500 13.72% 
 6.教育・文化 1,084   36,609,000 17.20% 
 7.協働のまちづくり 39   1,002,000 0.47% 
 8.市長におまかせ 1,991   70,733,250 33.23% 

 

     

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?