このページの本文へ移動

しものせき環境メルマガ

公開日:2016年6月24日


しものせき環境メルマガ

しものせき環境メルマガについて

下関市環境政策課発行のメールマガジンです。
下関の様々な環境ニュースや全国や世界の環境情報ピックアップ、お知らせ・募集の案内など、盛りだくさんの内容で、月1回の配信を予定しています。
購読料は
無料です。


しものせき環境メルマガ (マガジンID:0000134663)
メールマガジンの登録
メールアドレス:
メールマガジンの解除
メールアドレス:

バックナンバー

Powered byまぐまぐ


その他
“しものせき環境メルマガ”は、「まぐまぐ」を利用しているため、登録すると、「まぐまぐ」のメールマガジン「ウィークリーまぐまぐ」などが自動配信されます。
「ウィークリーまぐまぐ」などが不要の場合は、お手数ですが「まぐまぐ」ホームページで解除していただきますよう,よろしくお願いします。


サンプル
=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*
         しものせき環境メルマガ(サンプル)
*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*【第13号 2005. 7 . 7  】


目次
 【環境ニュースPick Up】
 【今月のお勧め環境本】
 【下関の環境の今】
 【お知らせ,募集】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今月の入力は済みましたか? インターネット環境家計簿Now
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地球温暖化防止のために

~インターネット環境家計簿はこちらへ~
http://kakeibo.eco.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  環境ニュースPick Up
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■エグゼクティブのための「地球温暖化読本」発行■■■
環境省は、企業の経営者層に向け地球温暖化問題をわかりやすく解説した「エ
グゼクティブのための『地球温暖化読本』」を作成し配布しました。
21世紀の企業姿勢や、環境の視点に立った事業展開など、地球温暖化防止の
流れをビジネスチャンスに活かしたいと考えている日本のエグゼクティブやエグ
ゼクティブを目指す方必読の冊子です。

データのダウンロードや冊子の郵送もできます。
環のくらしホームページ
http://www.wanokurashi.ne.jp/mat/exective.html

■■■PRIDEの「チームマイナス6%」への参加■■■
あの、総合格闘技の大会を主催しているPRIDEが温暖化防止のために立ち上
がりました。
6月26日(日)さいたまスーパーアリーナで行われたPRIDE GRAND PRIX 2005
にて参加を表明しました。
当日は、小池環境大臣も参加し高田統括本部長とともに「地球上の二酸化炭素
を減らそうや!」と会場の聴衆に参加を呼びかけました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今月のお勧め環境本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もったいない MOTTAINAI
プラネット・リンク 編

2004年ノーベル平和賞受賞者で、ケニア共和国環境副大臣のワンガリ・マータ
イさんが日本で見つけた言葉「もったいない=MOTTAINAI」。
その日本語が、21世紀の全世界のキーワードになろうとしています。
本書では、日常生活の中から様々な「もったいない」を、エピソードを通してわかり
やすく説明しています。
例えば、「おさがり」は「ケチ」とは違う日本人のリユース慣習であること。
1台の放置自転車を処分するのに、1万円以上の税金が使われていること。
コンビニなどで販売期限の切れた食品廃棄物が、全国4万店で1日におよそ520
トンも出ており、その一方で、世界中では1日に1万7千人もの人々が飢餓のため
に命を失っていることなどなど・・・
絵本のようで、さらっと読めるのですが、中身は大変濃く、本書から私たちが何を
感じ、何を考え、どう行動すべきなのか問われているようです。
私たち日本人が忘れていた精神(こころ)が、たくさん詰まっています。
是非ご覧下さい。

 【市内の図書館には収蔵されていません】
 一般書店で購入できます。
 出版社:マガジンハウス
 価 格:952円(税別)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  下関の環境の今 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『今』環境部で旬な話題をお知らせします。

夏に向けて、環境教育を行わせていただく機会も増えてきました。
先日も今年度初めての水辺の教室に行ってきました。
水辺の教室とは、小学生の皆さんと川に棲んでいる水生昆虫等を採取して、そ
の川の水質レベルを調査するものです。
これまでとは違い下関市豊浦町の川に行ったのですが、川によってこんなに棲
んでいる生物が違うのかと実感しました。
また、児童の方とお話してみると、どうやら川で遊ぶことも多いようで、いろいろ
な昆虫の名前を知っていました。
こういった自然に恵まれた環境の中で暮らしていることに、うらやましさを感じま
す。
やはり、自然に触れる体験と適切な学習が、環境にやさしい市民を作っていく
のではないかと思います。
せっかくの機会ですので、皆様も水辺の教室や親子自然教室へのご参加をご
検討下さい。

くわしくはお知らせ・募集のページへどうぞ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  お知らせ 募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆◆親子自然教室参加者募集◆◆◆
親子で植物や海辺の生物などを観察し、自然の豊かさや重要性を実感していた
だくものです。
今回より、いつもの関見台公園に加え角島の牧崎風の公園でも実施することに
なりました。
対象:市内に在住する小学4年~中学3年生とその保護者
日時:牧崎  7月30日(土)午前9時~午後1時
   関見台 8月 2日(火)午前9時~午後1時
定員:各30組60人(先着順)
参加費:無料
申込:7月4日(月)から電話で、環境政策課へ
電話:0832-52-7115

◆◆◆水辺の教室参加者募集◆◆◆
川の中に棲む水生生物の種類により水の汚れを判定する方法を体験し、川と生
物の関係を実感していただくものです。
対象:市内に在住する小学生とその保護者
日時:8月10日(水)午前9時30分~午前11時40分
   雨天時は8月11日(木)に延期
場所:深坂自然公園(大字蒲生野)
定員:25組50人(先着順)
参加費:無料
申込:7月11日(月)から電話で、環境政策課へ
電話:0832-52-7115

◆◆◆エコファミリー募集◆◆◆
環境省では、我が家の環境大臣事業の一環として環境にやさしい家庭づくりを
インターネット上で行っていく「エコファミリー」のウェブサイトを立ち上げました。
ここでは、環境にやさしい暮らしのヒントや、エコ度のチェック、環境に関する学
習や、イベントの情報など楽しみながらエコ活動をしていけるように工夫されて
います。
特に、参加している方々のアイデアものぞくことができます。意外と役立つので
はないかと思いますのでご覧下さい。

http://www.eco-family.jp/

◆◆◆ほたる保護看板を作成しました◆◆◆
下関市では、ほたる保護を推進するため「ほたる保護条例」を制定し、ほたるの
捕獲や、ほたるの食料となるカワニナの捕獲を禁止しています。
また、条例の内容の啓発やほたるの保護活動推進のため、ほたる保護看板を
作成・配布していますので、ご希望があれば環境政策課管理係までご連絡下
さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次号から編集者が交代することになりました。時には主観的な環境話にお付き
合いいただきありがとうございました。
毎月本を読んだり、お知らせしたい話題を貯めたりするのに少し負担を感じたこ
ともありましたが、いろいろな情報をお伝えする中で、自分自身も学ぶことができ
ました。
また、始めた当初は60数名だった読者も1年をかけてようやく130名を越えまし
た。まだまだ目標1000人の1合目を過ぎたばかりですが、宣伝する費用もない
ため地道に環境部HPで購読の呼びかけを行わせていただいています。今後も
少しでも多くの方に読んでいただき市民の方々に環境行政の生の情報をお伝え
する役目を果たせるよう努力します。【鯛】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行:下関市環境部環境政策課
〒751-0847 下関市古屋町一丁目18-1 
TEL  0832-52-7115
FAX  0832-52-1329
E-mail kkseisaku@city.shimonoseki.yamaguchi.jp
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/env/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
本メールマガジンに掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
ウィークリーまぐまぐ等は解除しても,このメルマガは受け取れます。
解除はこちらから http://www.mag2.com/wmag/


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?