このページの本文へ移動

下関市観光交流ビジョン2022

公開日:2012年12月11日


 “2022年の観光客数1,000万人、宿泊客数100万人”を数値目標に、全ての下関市民が誇りを持てる「観光交流都市 下関市」の構築に向けて邁進するため、本市の観光の現状と課題を捉えたうえで、観光振興に対する進むべき方向性や基本戦略等を定めた『下関市観光交流ビジョン2022』を、市内観光関係団体等協力のもと策定しました。

 ただし、これらの観光振興戦略はこれで全てが完成し、2022年まで固定されるものではありません。本市観光を取り巻く内外の様々な環境変化等により、常に戦略の見直し等を行っていきます。

 今回のビジョン策定は、本市の新たな観光振興戦略の始まりと考えており、これからも引き続き、観光客や観光関係者、市民の皆様からのご意見にも幅広く耳を傾け、より時勢に沿った観光振興戦略になるように変更も行い、市全体で名実ともに「観光交流都市 下関市」構築に向けた弛まぬ努力を継続して参ります。

下関市観光交流ビジョン2022


【本ビジョンの構成】

 第1章 下関市の観光の現状と課題
      ~本市の観光の経緯及び各分野ごとに現状の分析と課題をまとめています。

 第2章 ビジョンの目標と進むべき方向性
      ~本ビジョンの数値目標と進むべき方向性を定めています。

 第3章 基本戦略及び戦略遂行のための施策
      ~目標達成のための基本戦略等を定めています。

 おもてなしの心

 ~終わりに~

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?