このページの本文へ移動

会計年度任用職員(文化財保護業務)の登録案内をしています。

公開日:2020年2月25日


下関市教育委員会教育部文化財保護課では、以下の会計年度任用職員の登録案内をしています。

1.登録の概要 

必要に応じ、会計年度任用職員を採用します。採用者は、事前に登録していただいた方の中から、書類審査・面接・実技試験等により選考します。登録の有効期間は、登録した日の属する年度の翌年度末(3月31日)までとなります。

2.業務名

文化財保護課業務

3.業務内容

(1)埋蔵文化財関連業務 

埋蔵文化財に関する調査及び愛護普及業務、出土品等の実測・製図及び復元作業、史跡等文化財保護課所管文化財の管理・活用等業務。

(2)考古博物館業務   

調査研究(出土品の実測図作成等)・展示・各種教育普及業務、受付業務、書籍販売、体験学習等に係る現金出納事務及び史跡等文化財保護課所管文化財の管理業務。

※業務内容については、希望・専攻・経験等考慮しますが、必ずしもご希望に添えない場合があります。また、時期・作業量に応じて他業務を手伝う場合もあります。

4.必要な資格・経験等

(1)埋蔵文化財関連業務 

埋蔵文化財発掘調査に係る出土品整理等に関連する実測等の専門的知識、技術及び経験を有すること。
なお、学芸員有資格者であることが望ましい。

(2)考古博物館業務

考古資料の調査研究又は博物館展示・普及業務のいずれかの専門的知識、技術又は経験を有すること。
また、学芸員有資格者であること。

5.登録申請書の受付

随時。

6.雇入期間

採用日から当該会計年度末の3月までの範囲内の期間です。
原則任期は1年度内ですが、勤務成績が良好で引き続き勤務する意欲のある方については、3年度を限度として任期を更新することがあります。

7.報酬額等

(1)埋蔵文化財関連業務

学芸員有資格者 月額132,900円~156,700円(基本報酬)
学芸員資格なし 月額113,100円~119,900円 (基本報酬)

(2)博物館業務 月額137,400円~161,900円(基本報酬)
※注意事項〔(1)・(2)共通〕

基本報酬は職務経験等を踏まえ決定します。

交通費相当額を勤務日数に応じて割増報酬として支給します。

週30時間以上かつ月16日以上の勤務条件でかつ6月以上の任期で任用される場合に限り、6月1日、12月1日を基準日とする期末手当を支給します。各基準日における期末手当の額は、在職期間に応じて最大で基本報酬月額の1.3か月分となります。

8.勤務場所

下関市立考古博物館(下関市大字綾羅木454)

9.勤務条件

(1)埋蔵文化財関連業務

週5日勤務(原則として土・日を含まない。)

午前9時00分から午後4時00分(休憩1時間含む。)

(2)考古博物館業務

1週につき土日祝祭日を含む4日勤務

午前8時45分から午後5時30分(11時から14時の間に所属長の指定する休憩時間1時間を含む。)

10.登録方法

下関市会計年度任用職員登録申請書をダウンロードのうえ、教育委員会教育部文化財保護課までご提出ください(持参又は郵送)。

11.選考試験

登録者の中から書類審査を行い選考試験の通知をさせていただきます。

選考試験は、筆記・実技試験及び面接試験等を実施します。

12.注意事項

※この登録は採用を保証するものではありません。

※登録した旨の通知等はいたしません。

※ご提出いただいた申請書の返却はいたしません。

※ご提出いただいた申請書の内容は非常勤職員の採用に関する業務以外のことに利用することはありません。

※登録内容の変更や、登録の取り消しを希望される場合には、教育委員会教育部文化財保護課までご連絡ください。

※欠員が生じた場合は途中採用することがあります。

※年度途中雇用の場合、勤務条件及び報酬額が異なることがあります。

13.申請・問い合わせ先

〒751-0866
下関市大字綾羅木字岡454 下関市立考古博物館内
下関市教育委員会 教育部 文化財保護課
電話083-252-3867(埋蔵文化財関連業務)、083-254-3061(考古博物館業務)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?