このページの本文へ移動

不正大麻・けし撲滅運動の実施について

公開日:2017年4月11日


  5月1日から6月30日までの間「不正大麻・けし撲滅運動」が全国一斉に展開されます。本運動は大麻・けしに関する正しい知識の普及を図り、不正栽培及び自生の大麻・けしを撲滅することを目的としています。不正な大麻・けしを発見したときや見分け方が分からないときは、保健所や警察署に連絡してください。

植えてはいけないけし

(1)ケシ(ソムニフェルム種)

ソムニフェルムけし

 

花 ・大きさ径8~12cm           

  ・一重咲きは花びら4枚、八重咲きもある

  ・色は赤、桃、紫、白など      

  ・花びらの基部に斑点があるものもある

                                   ソムニフェルム2                                       

葉 ・ふちが不規則なぎざぎざ 

  ・葉の切れ込みが浅い

  ・茎上部の葉は茎を抱え込む

 

(2) アツミゲシ(セティゲルム種)

アツミゲシ〈ソムニフェルム種との違い〉

 果実:小さいだ円形

 葉:光沢のない緑色で小形 / 茎:やや細く毛が多い

 花   ・大きさ径6~8cm

     ・花びら4枚(花びらの基部に斑点があるものがある)

     ・色は薄紫、赤など

 

    アツミゲシ2                                              

葉   ・ふちが不規則なぎざぎざ

    ・葉の切れ込みがやや浅い

    ・茎上部の葉は茎を抱き込む

 

(3) ハカマオニゲシ(ブラクテアツム種)オニゲシ

  花  ・大きさ径9~12cm

      ・花びら4~6枚(色は深紅)

      ・花びらの基部に黒紫の斑点

  葉  ・鳥の羽のような(羽状)切れ込み

      ・花の付け根に4~6枚の苞葉(ハカマ)

 ※植えてもよいけし(オニゲシ)

  花   橙~朱色

       花の真下に苞葉(ハカマ)はない

 つぼみ 表面の毛がたっている

 

 

大麻

大麻・成長が早く、大きなものは草丈3m以上になる

・種子をつけた後はすぐ枯れる

・葉は細長い柄の先に3~9枚(通常は奇数)の小葉が 集まって手のひらのような形

・葉全体の大きさは10~20cm

※大麻と間違われやすい植物「ケナフ」

ケナフ 関連リンク等

 山口県健康福祉部薬務課

 厚生労働省             


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?