自己負担金免除制度(がん検診及び骨粗鬆症検診)について

公開日:2018年4月2日

  • mixiチェック
  • Google Plus
がん検診(胃がん・大腸がん・子宮がん・乳がん)、骨粗しょう症検診(年度末年齢で40・45・50・55・60・65・70歳)の女性の方)、喀痰検査の対象年齢の方で、いずれかに該当される方は自己負担金が免除となります。

(1)受診日現在、満70歳以上の方(年齢確認できるものをご提示下さい。)

(2)後期高齢者医療被保険者の方(後期高齢者医療被保険者証をご提示下さい。)

(3)生活保護世帯に属する方(生活保護受給者証をご提示下さい。)

(4)市民税非課税世帯に属する方(世帯の非課税証明書または「がん検診等受診料免除確認書」をご持参下さい。)

注)「がん検診等受診料免除確認書」は、事前に健康推進課又は各保健センターへの申請が必要です。

  来所される方の印鑑と本人確認ができる身分証明書をご持参下さい。(代理の方が申請される場合は、委任状が必要です。)

  • このページについてのお問い合わせ
  • 保健部(保健所) 健康推進課
    〒750-8521 下関市南部町1番1号
    Tel:083-231-1366
    Fax:083-235-3901