このページの本文へ移動

「低濃度PCB含有廃棄物に関する測定方法」の改訂について

公開日:2020年5月21日


 無害化処理に係る特例の対象となる一般廃棄物及び産業廃棄物(平成18年環境省告示第98号)第2項第1号から第3号に掲げる産業廃棄物のうち、ポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」という。)の含有量が5,000mg/kg以下のものの該当性を確認するための測定方法については、「低濃度PCB含有廃棄物に関する測定方法(第3版)」に取りまとめられておりましたが、今般、新たにPCB汚染物への該当性を確認するための分析方法を追記した「低濃度PCB含有廃棄物に関する測定方法(第4版)」の通知がありました。

 国内に存在するPCB廃棄物は、「PCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」において令和9年3月31日まで処理を終えることとされていますので、PCB廃棄物保管事業者の皆様におかれましては、本資料に示す低濃度PCB含有廃棄物の測定方法を広く活用され、処理の促進に役立てていただきますよう、よろしくお願いします。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?