このページの本文へ移動

平成30年度犬・猫の不妊去勢手術助成金の申請受付について

公開日:2018年6月1日


不幸な犬・猫を増やさないために、不妊・去勢手術を受けさせましょう。
不妊・去勢手術料の一部を助成します。
かならず、動物病院で手術を受ける前に、申請してください。
また、手術を受けさせようとしている犬・猫が手術できる状態(月齢・健康状態)か、申請前に動物病院でご確認ください。

【条件】

・下関市内に居住する飼い主が、下関市内において飼育している犬・猫、所有者のいない猫

・飼い犬は狂犬病予防法の規定による登録及び平成30年度の狂犬病予防注射を受けていること

・飼い猫は終生飼うことを約束できること

・1年度中1世帯につき犬・猫いずれかに限り助成金を交付

  飼い犬は1頭のみ、猫にあっては最大7頭まで申請可能

  ただし、飼い猫は2頭まで、所有者の判明しない猫は5頭まで

申請者に市税の滞納がないこと

下関市の指定獣医師による手術であること

 下の「指定獣医師名簿(PDF文書)」で必ず確認をしてください。

【助成金額】

 犬・猫ともに1件につき オス 4,000円、メス 6,000円

【受付期間】

 平成30年6月1日(金曜日)~平成31年1月末(予定)

 助成件数には限りがあります。先着順。飼い犬については、50頭が上限です。
 予算限度額に達した時点で締め切りますので、お早めにお申し込みください。

【受付場所・受付日時】

 下関市動物愛護管理センター(動物ふれ愛ランド下関) 午前9時~午後5時(年末年始を除く)
 各総合支所市民生活課 平日の午前9時~午後5時
 下関市役所 新館3階 保健医療政策課総務係 平日の午前9時~午後5時

 なお、郵送による申請書の提出も可能です。
 送付先は、下関市動物愛護管理センター(〒751-0881 下関市大字井田(番地なし))まで。

【申請書設置場所】

 上記受付場所のほか、指定獣医師のいる動物病院にて申請書を設置しています。
 なお、動物病院に申請書を提出することはできません。

 また、このページの下部よりダウンロード可能です。

【持参するもの】

 印鑑
 犬については、鑑札番号と平成30年度の狂犬病予防注射済票番号の提示をお願いいたします。

【詳細】

 下関市動物愛護管理センター(動物ふれ愛ランド下関) 電話 083-263-1125

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?