このページの本文へ移動

「世界自閉症啓発デー」ブルーライトアップを行います

公開日:2016年2月25日


4月2日は「世界自閉症啓発デー」です

 国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
 わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
 具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。

下関市でブルーライトアップを行います

 本市におきましても、市民の皆様に発達障害への理解を深めていただくため、この取り組みに参加し、市内の建物を「癒し」や「希望」を表す青色にライトアップします。「はい!からっと横丁」では市長の点灯により大観覧車をライトアップします。

日時 平成29年4月2日(日)
     午後6時45分 市長挨拶
     午後6時50分 大観覧車点灯

場所 はい!からっと横丁(下関市あるかぽーと)

その他、
・亀山八幡宮 参道(下関市中之町1番1号)
・下関市消防局庁舎(下関市岬之町17番1号)

もライトアップします。
 

 自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながります。
 みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。

はい!からっと横丁大観覧車

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?