このページの本文へ移動

微量PCB含有電気機器の課電自然循環洗浄法の改正について

公開日:2017年4月19日


 微量ポリ塩化ビフェニル汚染絶縁油を含有している使用中の電気機器(「微量PCB含有電気機器」)を洗浄する技術である課電自然循環洗浄法について、環境保全と電気保安を確保した浄化手順等を明確化するため、経済産業省及び環境省において、「微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書」の取りまとめが行われました。これは、課電自然循環洗浄法による洗浄処理を行う場合の電気保安及び環境保全を確保した具体的な洗浄手順を定め、安全かつ確実な処理を図ることを目的としています。

 今般、経済産業省及び環境省において、これまでの洗浄法が変圧器全体のみを対象にしていたのに対し、洗浄可能な部位別に洗浄を行う際の具体的な洗浄手順について検討を行い、「微量PCB含有電気機器課電自然循環洗浄実施手順書」の改正が行われました。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?