このページの本文へ移動

空き家管理・流通促進支援事業補助金について

公開日:2018年4月1日


 宅地建物取引業者又は管理業者に依頼して行う、空き家の外観調査、内部換気に要する費用の一部を補助します。補助金の額は、外観調査の場合は毎月最大2000円、内部換気をあわせて行う場合は毎月最大5000円です。

 補助の対象となる空き家や管理の概要は次のとおりです。なお、詳細はダウンロードファイルをご覧ください。

対象となる空き家

  • 市内に存する建築物(長屋住宅の各戸を含み、共同住宅を除く)であること。
  • 個人が所有するものであること。
  • 居住その他の使用がなされていないこと。
  • 申請時において、建物の売買、交換若しくは貸借の代理又は媒介の契約を締結していないこと。

補助の対象となる空き家の管理内容

  • 外観調査 毎月1回、空き家の建築材の飛散及び腐朽、敷地の雑草、害虫の発生等の状況を空家等の外観から調査し、空き家の状況の報告を受けることをいいます。
  • 内部換気 毎月1回、空き家の複数の窓等を1時間以上開放し、開放の実施の状況の報告を受けることをいいます。

補助金の額

  • 外観調査を含む管理契約の場合は、税抜き月額の1/2の額と2,000円の安価な額を月額とし、補助の対象期間を乗じた額になります。
  • 外観調査と内部換気を含む管理契約の場合は、税抜き月額の1/2の額と5,000円の安価な額を月額とし、補助の対象期間を乗じた額になります。
  • 補助の対象期間は、管理契約の期間で平成31年3月までの最大12か月間です。なお、次年度も引き続き補助対象事業を行う場合は、予算の範囲内かつ通算12か月間を限度に補助を受けることができます。※次年度の補助を確約するものではありません。

補助対象者(補助申請を行うことができる方)

  • 空き家の所有者又は管理者(法人を除く。)で、宅地建物取引業者又は管理業者に当該空き家の管理を依頼しようとする方
  • 上記の方から委任(様式第1号)を受けた市内の宅地建物取引業者又は管理業者の方

募集期間

  • 平成30年4月2日(月)から平成31年2月28日(木)まで(先着順)

※注意事項

  1. ご自身が行う管理は、この補助の対象にはなりません。
  2. 外観調査及び内部換気(依頼する場合に限る。)は、毎月実施することが条件ですので、隔月等で実施するような管理業務は、補助の対象になりません。なお、補助金の額は変わりませんが、宅地建物取引業者又は管理業者が実施する場合は、郵便物の整理、通水、清掃等の業務をあわせて依頼することも可能です。
  3. 宅地建物取引業者とは、宅地建物取引業法第3条第1項の免許を受けた者で市内に本店、支店、営業所、事務所等を有するものをいいます。
  4. 委任状(様式第1号)を提出することにより、申請や補助金受領等の手続きを宅地建物取引業者又は管理業者に委任することができます。詳細は、市又は管理業務をお願いしようとする宅地建物取引業者、管理業者にご相談ください。
  5. 交付決定前に締結した管理契約や実施した管理業務は、補助の対象外となりますので、注意してください。
  6. 上記以外にも諸条件がありますので、詳細はお尋ねください。


 

下関市の空き家対策全般については次のリンク先(下関市の空き家対策について)をご覧ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?