このページの本文へ移動

【下水道】トラップます(簡易阻集ます)の清掃について

公開日:2015年10月28日


下関市では、「し尿」を含んだ汚水以外の生活排水(雑排水)は、排水中の油分やせっけんカスなどを簡易的に取り除くため、「トラップます(簡易阻集ます)」を必ず通過させた上で下水道本管に放流することになっております。

「トラップます」は、簡易的な阻集機能がありますので、トラップます内に、油分やせっけんカスがかたまったもの(スカム)がだんだん溜まってきます。

放置しておくと、つまる原因となります。

トラップますのふたを2ヶ月に1度程度あけてみて、スカムの溜まり具合を確認してください。

溜まっていれば、広げた新聞紙を用意し、スコップ等で取り除き、新聞紙の上にのせ、赤色の燃えるごみ袋に入れて所定のごみの日に捨ててください。(掃除のしかたは、下記のファイルを参照してください)

※トラップますの清掃は、個人でできる簡単な清掃です。時々業者が突然、「汚水ます(トラップます)の点検に来ました」と訪問し、相場より高い清掃費用を請求する事例があります。個人で簡単に清掃できますので、業者に依頼される場合はご注意ください。

※トラップますのふたが開きにくい場合は、かなづち等でふたの周りを軽く叩いてみてください。

※業者に依頼したい場合は、下関市排水設備工事指定工事店にご依頼ください。

【お問い合わせ先】

上下水道局 下水道整備課 普及係

TEL(083)231‐1363

 

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?