このページの本文へ移動

身体障害者手帳の認定基準が変わります

公開日:2016年3月25日


平成28年4月1日から、身体障害者手帳(肝臓・呼吸器・免疫機能障害)の障害認定基準等が一部改正になります。
 

改正概要

肝臓機能障害

 〔認定対象の拡大〕

〇チャイルド・ピュー分類C  分類Bに拡大

国際的な肝臓機能障害の重症度分類であるChild-Pugh分類の3段階(A・B・C)のうち、これまで認定基準の対象とされていた分類C(10点以上)に加えて、分類B(7点以上)を対象とする。

〔1級・2級の要件の緩和〕

〇日常生活の制限にかかる指標の見直し

血清アルブミン値、プロトロンビン時間、血清総ビリルビン値の項目のうち1項目以上が3点

→ 肝性脳症、腹水、血清アルブミン値、プロトロンビン時間、血清総ビリルビン値の項目のうち、肝性脳症又は腹水の項目を含む3項目以上が2点以上

〔再認定の導入〕

〇1年以上5年以内に再認定(チャイルド・ピュー分類Bの場合)

 

呼吸器機能障害

 〔指数(予測肺活量1秒率)の算出方法の見直し〕

〇ノモグラムを用いて算出→日本呼吸器学会が発表した計算式(※)を用いて算出

※肺活量予測式
  男性0.045×身長(cm)-0.023×年齢(歳)-2.258
  女性0.032×身長(cm)-0.018×年齢(歳)-1.178

〔活動能力程度分類の見直し〕

〇Hugh-Jonesの分類に基づいた評価

→修正MRC(Medical Research Council)の分類に基づいた評価 

 

免疫機能障害

 再認定の取扱いについて

 

改正時期

 平成28年4月1日の申請分から改正後の基準により認定します。
 ただし、平成28年3月31日までに診断書が記載されている場合は、改正前の基準により認定します。

 

詳しくは下記ダウンロードファイル又は厚生労働省ホームページをご参照ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?