平和首長会議

公開日:2016年12月26日

  • mixiチェック
  • Google Plus

  平和首長会議とは

  1982(昭和57)年6月24日、ニューヨークの国連本部で開催された第2回国連軍縮特別総会において、当時の広島市長が、世界の都市が国境を超えて連帯し、ともに核兵器廃絶への道を切り開こうと「核兵器廃絶に向けての都市連帯推進計画」を提唱し、広島市・長崎両市長から世界各国の市長宛てにこの計画への賛同を求めました。
 平和首長会議は、この趣旨に賛同する都市(自治体)で構成された機構です。1991 年に国連経済社会理事会のNGO に登録されています。2016(平成28)年8月1日現在、世界161カ国・地域、7,114都市の賛同を得ています。
 下関市は、2009年(平成21年)10月に加盟しています。
 

平和首長会議ステートメントが発出されました(2017年7月7日)
 

  ニューヨークの国連本部で開催されていた核兵器禁止条約交渉会議が7月7日に閉会し、核兵器禁止条約が成立しました。 平和首長会議は、この会議が成功裡に終わったことを祝うステートメントを発表しましたのでお知らせします。

 ステートメント(PDF)

  • このページについてのお問い合わせ
  • 総務部 総務課
    〒750-8521 下関市南部町1番1号
    Tel:083-231-2413
    Fax:083-232-1149