このページの本文へ移動

オオキンケイギクについて

公開日:2016年7月12日


オオキンケイギクについて
 
オオキンケイギクとは
オオキンケイギクは北米原産の多年草で、5月~7月にかけて黄橙色のコスモスに似た花を咲かせます。下関市内でもこの時期にみつかっています。
地面に定着しやすいため、法面緑化に使用されたりしましたが、強靭な性状から在来の野草の生育場所を奪い環境を変えるおそれがあったため、平成18年に外来生物法に基づく特定外来生物に指定されております。
このため、生きたままの運搬や栽培、譲渡などが原則として禁止されていますので、黄色いきれいな花が咲くからといってご家庭で植えることはできませんご注意ください
 
特長(写真等は下記リンクでご確認ください)
•花はコスモスに似た形状で直径5cm~7cm程。
•花びらの色は黄橙色で、花の中央部も同じ色。
•花びらの先端には不規則に4~5つのぎざぎざがある。
・細長いへら状をしており、一番幅がある部分の幅は1cm程度。
•葉の両面には荒い毛が生えており、葉の周囲はなめらか。
 
駆除
・種子を地面に落とす前、または種子が付く前に駆除を行うことが大切です。
・駆除は、根から抜くことが望ましいですが、刈り取ってもよいです。
駆除後は、法律で生きたままの運搬は禁止されていますので、天日にさらして枯らすか、袋に入れて腐らせた後に燃えるごみとして出して下さい。

リンク

環境省チラシ

環境省チラシ 特徴について


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?