このページの本文へ移動

パスポート(旅券)の申請・受取りについて

公開日:2016年10月25日


平成28年10月3日から、下関市役所でパスポートの申請・受取りができるようになりました。それに伴い、下関パスポートセンター(海峡メッセ)の 「一般申請窓口」 は平成28年9月30日で閉鎖されました。

パスポートは、外国であなたの国籍・身分を証明する重要な公文書です。そのため、申請から受取りまでは一定の手続きが必要です。
 紛失したり盗難に遭ったりすると犯罪に利用される恐れがありますので大切に保管してください。
 渡航する国によっては、目的にあったビザ(査証)が必要になったり、パスポートの残存有効期間が必要になったりします。渡航先国の在日大使館・領事館、旅行代理店等で確認されることをお奨めします。
 

平成28年10月1日より、山口県内に住民登録のある方は、住民票の添付が不要になりました※詳しくはお問い合わせください。 

 次の場合は下関市で申請の受付ができません。※山口県旅券センター(TEL083-933-2352)へご相談ください。
   ・緊急発給
   ・早期発給
   ・渡航先追加申請
   ・一般旅券発給申請の刑罰等関係欄に該当する場合                             

●取扱場所
 パスポートセンター(下関市役所新館1階 17番窓口)

●取扱時間
 9時から17時

 ※第1、第3木曜日の17:00~19:00は交付のみ受付

 ※土・日・祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)は除きます。
 ※県への確認が必要となる場合がありますので、時間には余裕をもってお越しください。

●パスポートの種類
 有効期間が5年と10年の2種類があります。
 ※20歳未満の方は5年用のみ申請できます。

●申請できる方
 日本国籍を有し、原則として山口県内に住民登録がある方

●取扱業務
 
 1 新規発給申請
  ・初めてパスポートを申請される方
  ・パスポートの有効期限が切れたため、新しいパスポートを申請される方
  
 2 切替発給申請
  ・有効なパスポートをお持ちで、有効期間が切れるために新しく申請される方
  ※現在お持ちのパスポートの残存有効期間は切り捨てとなります。

 3 パスポートの損傷に伴う申請
  ・有効なパスポートを損傷したため、新しく申請される方

 4 紛失一般旅券等届出
  ・有効なパスポートを紛失(焼失)等した方

 5 訂正新規発給申請
  ・有効なパスポートをお持ちで、記載事項(氏名、本籍)に変更があり、新規に申請される方
  ※現在お持ちのパスポートの残存有効期間は切り捨てとなります。

 6 記載事項変更申請
  ・有効なパスポートをお持ちで、記載事項(氏名、本籍)に変更があり、変更を希望される方
  ※新たに作成するパスポートの有効期間は、変更前のパスポートの残存期間となります。
 
 7 査証欄増補申請
  ・査証欄の余白ページがなくなり、査証欄の増補を希望される方

●受取日
 申請の日から、土・日・祝日などを除いた7日目以降(紛失新規の場合8日目以降)
 ※年齢に関係なく、必ず本人が受取りに来てください。
 (査証欄増補申請以外は代理人による受取りはできません。)

●必要書類
 申請内容により、異なりますので、山口県国際課のホームページをご覧ください。

 山口県国際課 http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a12900/passport/documents.html

●手数料
 受取り時に、現金に代えて収入印紙と山口県収入証紙で納めてください。
 ※収入印紙と山口県収入証紙は市役所新館4階売店(営業時間:平日8時~18時)で購入できます。
 ※手数料の額は、「交付手数料一覧」でご確認ください。    

●その他
・申請書は、10年用と5年用があります。
・申請書は、黒色のボールペンで記入してください(消えるボールペンは不可)。
・所持人自署欄(パスポートサインになります)は、訂正できませんので新しい申請書に書き直してください。
・記入例の赤色着色部(ヨミカタ、所持人自署、刑罰等関係、旅券面の氏名表記[ヘボン式と異なる場合のみ]、申請者署名、申請書類等提出委任申出書)の欄は、申請者本人が記入してください。
 

●交付手数料一覧
 

・交付手数料一覧

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?