このページの本文へ移動

ねこの適正飼養に関するガイドライン

公開日:2016年11月1日


下関市では飼いねこの飼育や野良ねこの管理に関するトラブルを防ぎ、「ねこが好きな人、ねこが嫌いな人、ねこに困っている人」と「下関市で暮らすねこ」たちが、上手に共生できるまちを実現するための第一歩として「ねこの適正飼養に関するガイドライン」を策定しました。

 

ねこは、私たち人間にとって昔から身近な動物であり、ねこが家の外を自由に歩き回ってもあまり気になることはありませんでした。

 しかし、時代が変わり、住環境も大きく変化した結果、外飼いのねこや飼い主のいないねこによって尿被害、ノミの発生、発情期の鳴き声などさまざまな問題が多く発生しています。  

 また、不妊去勢手術をしていない飼い主のいないねこへの不適切なエサやりにより、繁殖繰り返された結果、ねこの数も苦情の数も増加している地域が多くあります。

 一方で、ねこを飼っている人にとって、ねこは家族の一員やパートナーであり、とても大切な存在です。

 

 この冊子は、ねこの飼い主の責務や飼い主のいないねこにかかわる際のルールを示すことによって、下関市が人とねこが共生できるまちとなることを目的として作成しました。

 

 この冊子が、「ねこが好きな人」、「ねこが嫌いな人」、「ねこに困っている人」、そして「下関市で暮らすねの幸せにつながることを願っています。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?