このページの本文へ移動

(記者発表資料)ふるさと文学館春季所蔵品展「田中 慎弥」の開催について

公開日:2017年3月28日


平成29年3月28日

部課名  市民部市民文化課
課長名  山﨑 優子
係長名  米﨑 美帆
連絡先  083-231-4691


1.件 名
下関市立近代先人顕彰館
1階ふるさと文学館春季所蔵品展「田中 慎弥」の開催について
   
                                                                                                                                                               
2.目的・内容等
 平成17年(2005)に「冷たい水の羊」で新潮新人賞を受賞し作家デビューした田中慎弥は、その後、「蛹(さなぎ)」で川端康成文学賞、「切れた鎖」で三島由紀夫賞を受賞し、平成24年(2012)には「共喰い」で芥川賞を受賞します。これをきっかけに全国的に注目されるようになりました。
  このたびの所蔵品展では芥川賞受賞以降の作品を中心に、田中氏の緻密な作業の跡がうかがえる構想メモや草稿等の資料も併せて紹介します。

 (展示資料)   
   小説「共喰い」「夜蜘蛛」「燃える家」「宰相A」「炎と苗木」に関する草稿・本稿など

 
3.日時
平成29年4月4日(火)から平成29年7月2日(日)まで

午前9時30分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
月曜日(祝日の場合はその翌日)は休館

 
 4.場 所
下関市立近代先人顕彰館(愛称:田中絹代ぶんか館)1階 ふるさと文学館
(所在地)下関市田中町5番7号


 5.その他
(観覧料) 無料

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?