このページの本文へ移動

生活困窮者自立支援制度について

公開日:2017年9月6日


 生活困窮者自立支援法(平成25年法律第105号)に基づき実施している支援制度です。
 
事業名 事業内容
 自立相談支援事業 就労その他の自立に関する相談支援、事業利用のためのプラン作成等を行います。
 住居確保給付金 離職により住居を失った方等へ、就職活動をすることなどを条件に一定期間家賃相当額(上限有)の支援などを行います。
 就労準備支援事業 就労に必要な訓練を日常生活自立、社会生活自立段階から有期で行います。
 一時生活支援事業 本市での自立した生活を希望するが、住居のない生活困窮者に対して一定期間宿泊場所や衣食の提供等を行います。
 家計改善支援事業 家計に関する相談、家計管理に関する指導、関係機関へのつなぎ等を行います。
 
    働きたくても働けない、住む所がない、など、お困りごとのある方は、まずは下記の相談窓口にご相談ください。
    相談窓口では一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、専門の支援員が相談者に寄り添いながら、他の専門機関と連携して、解決に向けた支援を行います。
 
相談窓口     
生活サポートセンター下関    
 住所 下関市貴船町三丁目4番1号 下関市社会福祉センター内
 電話 0120-150-873 電話は無料(フリーダイヤル)です。
 受付時間 月曜から金曜(祝日、年末年始を除く) 9時~17時
 
外部リンク 
 

 


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?