このページの本文へ移動

(記者発表資料)田中絹代記念館夏季所蔵品展「絹代の琴と三味線」の開催について

公開日:2017年5月30日


平成29年5月30日

部課名  市民部市民文化課
課長名  高野 修一
係長名  大江 敏彦
連絡先  083-231-4691


1.件名
 下関市立近代先人顕彰館
 2階田中絹代記念館夏季所蔵品展「絹代の琴と三味線」の開催について

2.目的・内容等
  下関生まれの女優田中絹代の遺品の中から琴と三味線を展示するにあたり、絹代の「演技開眼」に繋がった映画作品『春琴抄 お琴と佐助』(昭和10年/松竹蒲田)を紹介します。
『春琴抄 お琴と佐助』で盲目の琴の師匠役を演じた絹代は、撮影前に島津保次郎監督から琴の稽古を命じられます。稽古を担当した山田流筝曲の今井慶松師匠が、映画の主人公と同じ盲目の人であったことから、島津は今井師匠の所作から絹代の演技を導き出そうとしたためでした。

(展示資料)

 ・琴  ・琴爪(生田流角爪)  ・三味線  ・三味線箪笥
 ・脚本『春琴抄 お琴と佐助』

3.日時
 平成29年6月6日(火)から平成29年9月3日(日)まで
 午前9時30~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
 
 休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)
 ※7月17日(月)は開館し、7月18日(火)が休館日となります。
     
4.場所
 下関市立近代先人顕彰館(愛称:田中絹代ぶんか館)2階 田中絹代記念館
 (所在地)下関市田中町5番7号

5.その他
 (観覧料) 一般200円 小・中学生100円
 
 ※観覧料が無料となる場合
  下記に該当する方は、年齢および住所が確認できる身分証明書や、当該手帳をご提示ください。
   ・未就学児および70歳以上の方(ご本人)
   ・下関市・北九州市在住の65歳以上の方(ご本人)
   ・療育手帳をお持ちの方(ご本人と付き添いの方1名)
   ・身体障害者手帳をお持ちの方(ご本人(1級~4級の方は、ご本人と付き添いの方1名))
   ・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方(ご本人と付き添いの方1名)
   ・戦傷病者手帳をお持ちの方で、障害の程度が項症の方(ご本人(特別項症~第4症の方は、ご本人と付き添いの方1名)

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?