このページの本文へ移動

(記者発表資料)ふるさと文学館夏季所蔵品展「中本 たか子」の開催について

公開日:2017年6月27日


平成29年6月27日

部課名  市民部市民文化課
課長名  高野 修一
係長名  大江 敏彦
連絡先  083-231-4691


1.件 名
下関市立近代先人顕彰館
1階ふるさと文学館夏季所蔵品展「中本 たか子」の開催について
   
                                                                                                                                                               
2.目的・内容等

 中本たか子は、明治36年(1903)11月19日、角島(現下関市豊北町角島)に生まれました。昭和2年(1927)に文学を志し上京後、次第にプロレタリア文学へ傾倒します。彼女の目は常に人々の苦しみに向けられ、社会の歪みと闘い続けました。
 この度の所蔵品展では、綿密な調査による『南部鉄瓶工』、また実体験を元に描いた『耐火煉瓦』『白衣作業』などの代表的な作品を中心に、闘う中本たか子の姿を紹介します。

 (展示資料)  
 
  書籍『南部鉄瓶工』『耐火煉瓦』『白衣作業』
  『闘ひ』『恐慌』『モスリン横丁』 他

 
3.日時
平成29年7月4日(火)から平成29年10月1日(日)まで

午前9時30分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)

月曜日(祝日の場合はその翌日)は休館
※7月17日(月)は開館し、7月18日(火)が休館日となります。
※9月18日(月)は開館し、9月19日(火)が休館日となります。

 
 4.場 所
下関市立近代先人顕彰館(愛称:田中絹代ぶんか館)1階 ふるさと文学館
(所在地)下関市田中町5番7号


 5.その他
(観覧料) 無料

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?