このページの本文へ移動

(記者発表資料)第22回下関海の日協賛会関連行事について

公開日:2017年6月19日


平成29年6月19日
部課名 港湾局振興課 
課長名 時任博之
担当者名 上野智昭
連絡先 231-1277

1.件名
第22回下関海の日協賛会関連行事について
                                                                                                                                                                         
2.目的・内容等

◆目的
 我が国は周囲を海に囲まれた海洋国であり、はるか昔より外国からの文化の伝来をはじめ、人の往来や物の輸送、産業、生活などの各分野にわたって海の恩恵を受けてきました。 
また、最近では、海洋開発やウォーターフロントの整備、またマリンスポーツの普及や客船によるクルージングの賑わいなど、海に触れ合い、海を利用する機会が多様化しています。さらに、地球環境の保全という観点からも、海の役割が重要視され、海洋汚染防止などの必要性が一層高まっています。
 このような海の重要性に加えて、海運、造船、港湾などの海事産業や船員等、海に従事する方々について国民の皆様に理解を深めていただく為に、平成8年には国民の祝日「海の日」が制定され、全国各地でいろいろな行事が開催されてまいりました。
下関海の日協賛会といたしましても、7月17日の「海の日」を中心に、各種の関連行事を通じてこれまで以上に海事思想の普及を図ってまいります。

◆第22回下関海の日記念式典
 平成29年7月25日(火曜日)
午前9時(金毘羅宮)         航海安全・大漁祈願祭、殉職船員慰霊祭
午前10時30分(亀山八幡宮儀式殿) 海の日記念式典
午前11時15分(亀山八幡宮儀式殿) 魚霊慰霊祭

◆主催
 下関海の日協賛会

◆関係団体
 九州運輸局、九州地方整備局、下関海上保安署、山口県下関水産振興局、下関警察署、下関市、下関市議会、下関商工会議所、下関水産振興協会、全日本海員組合九州関門地方支部、下関港湾協会、下関港運協会、海上保安協会下関支部、魚市場関係者、水産関係者、漁業関係者、海運関係者他

3.問い合わせ先

下関海の日協賛会事務局(下関市港湾局振興課 担当:今泉・中村 TEL:231-1277)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?