このページの本文へ移動

下関5大学連携「赤間関」公開講座

公開日:2017年10月2日


5大学連携「赤間関」公開講座

5大学(下関市立大学、東亜大学、梅光学院大学、水産大学校、下関短期大学)が連携して公開講座を開講します。

テーマ

竹楽器の魅力~竹楽器制作ワークショップをとおして~

山口県は全国第4位の竹林面積を有する県であり、下関市内には良質な竹の産地もあります。竹は中が空洞のため、楽器の素材として優れており、世界各地には様々な竹楽器がありますが、その中からアンクルンという民族楽器を制作し、竹楽器の魅力にせまります。

講師

吉原達也(下関短期大学保育学科 講師)

日時

平成29年11月25日(土) 13:30 ~ 15:30

会場

下関短期大学 C棟3階ホール (下関市桜山町1-1)

参加費

無料。ただし保険料として一人50円を徴収

定員

30名

申込み方法

氏名、生年月日及び連絡先電話番号をFAXまたはメールにて下記申込先まで ※小学生以下は保護者同伴が必要

申込先 下関短期大学広報室
FAX 228-2179
メール t.yoshihara@shimonoseki-jc.ac.jp

お問い合わせ

下関短期大学広報室 :電話:223-0339

 
◆詳細は、下関市立大学のウェブサイトでご確認ください。
  下関市立大学ウェブサイト(5大学連携「赤間関」公開講座)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?