このページの本文へ移動

社会福祉施設等における防火安全対策について

公開日:2017年12月27日


冬季は、暖房器具等の取扱いが増加し、空気が乾燥するため、火災が発生しやすい時期になります。

 社会福祉施設等においても、平成29年3月に、愛媛県の障がい者グループホームで、死者3名を出す火災事故が発生しております。

 ついては、改めて、別添「社会福祉施設等における防火安全対策について」及び消防庁予防課ホームページ掲載の「社会福祉施設等における火災対策について」にご留意の上、

消防計画における

・火災予防上の自主点検項目等に基づく点検

・防火管理体制の整備及び職員や入所者等への周知

・避難及び消火訓練と、その結果に基づく当該計画の検証及び必要な見直し

を行うなど、防火安全対策に万全を期していただくようお願いします。

 

 なお、万が一火災が発生した場合、直ちに消防機関へ通報するとともに、死傷者の発生防止を第一に考えて、入所者等の避難誘導に全力を挙げて対応されますよう、併せてお願いします。
 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?