このページの本文へ移動

(記者発表資料)下関港へのクルーズ客船の平成29年寄港実績及び平成30年寄港予定について

公開日:2017年12月25日


平成29年12月25日

部課名     港湾局振興課

課長名     時任博之

担当者名    上野智昭

連絡先      083-231-1277

 
1.件 名
 下関港へのクルーズ客船の平成29年寄港実績及び平成30年寄港予定について 
 
 
2.目的・内容等
(1)平成29年のクルーズ客船の寄港実績
平成29年(平成29年1月~12月)の寄港回数は、初寄港のクルーズ客船4回を含めた57回(外国船籍53回、日本船籍4回)、外国人上陸者数は約10万5千人となり、いずれも過去最高を記録しました。
 
【寄港実績内訳】
  
船名 総トン 寄港回数 寄港場所 摘要
カレドニアン・スカイ 4,200  4回 細江ふ頭  
グローリー・シー  25,494  9回 第一突堤  
MSCリリカ  65,591 20回 長州出島   
スカイシー・ゴールデン・エラ 72,458 3回 長州出島 初寄港
コスタ・ビクトリア  75,166 1回  長州出島 初寄港
コスタ・アトランチカ 85,619 1回 長州出島 初寄港
コスタ・フォーチュナ 102,587 15回 長州出島 初寄港
ぱしっふぃくびいなす 26,594 3回 あるかぽーと岸壁(2回)
第一突堤(1回) 
 
にっぽん丸 22,472 1回 第二突堤  
合計 - 57回 - -  - 57回  -  -
 
 
 
 (2)平成30年のクルーズ客船の寄港予定
長州出島では現在、岸壁延伸工事を実施しており、平成30年3月に完了予定です。平成30年4月からは、世界最大級のクルーズ客船(22万総トン級)の寄港が可能となります。
平成30年(平成30年1月~12月)のクルーズ客船の寄港予定回数は、現時点で59回(外国船籍55回、日本船籍4回)です。
なお、平成30年4月20日(金)には、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(本社:アメリカ)が運航する東アジア最大級の17万総トン級クルーズ客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ(総乗客定員:4,905名)」が初寄港する予定となっています。
 
 
3.初寄港予定の船舶の概要
 
(1)クァンタム・オブ・ザ・シーズ(Quantum of the Seas)
運航会社:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(本社:アメリカ)
総トン数:168,666トン
全  長:347.08m
船  籍:バハマ
乗客定員:4,905名
乗 組 員:1,500名

客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の画像

提供:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

(2)オベーション・オブ・ザ・シーズ(Ovation of the Seas)
運航会社:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(本社:アメリカ)
総トン数:167,800トン
全  長:348.00m
船  籍:バハマ
乗客定員:4,905名
乗 組 員:1,500名

客船「オベーション・オブ・ザ・シーズ」の画像

提供:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

(3)コスタ・セレーナ(Costa Serena)
運航会社:コスタ・クルーズ(本社:イタリア)
総トン数:114,147トン
全  長:289.59m
船  籍:イタリア
乗客定員:3,780名
乗 組 員:1,100名

客船「コスタ・セレーナ」の画像

提供:コスタ・クルーズ

 
 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?