このページの本文へ移動

平成29年度下関市男女共同参画人材育成講座「コミュニケーションセミナー」を開催しました。

公開日:2018年2月2日


藤田雅子氏写真

男女が対等なパートナーとして、いきいきと社会で活躍していただくため、
職場や地域などで役立つセミナーを開催しました。
多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。


■講師:藤田 雅子氏

■場所:勝山公民館

■日時:平成30年1月21日(日)午前10時~正午

 

 ◆藤田先生のお話から◆

対人関係はストレスの要因となります。
良好な対人関係を築くためにはコミュニケーションは欠かせません。
そこで、コミュニケーションのひとつである
アサーティブコミュニケーションを学びます。
アサーティブコミュニケーションとは、自分と相手、どちらも大切にする
コミュニケーションです。
仕事でも日常生活でも、自分の気持ちを伝えることは重要です。
まずは、自分の感情を整理して、適切に表現することで、
相手との信頼関係を生む伝え方ができます。

アサーティブコミュニケーションを身につけましょう!
●自分の言いたいことがあったとき、相手はどんなことを感じているのか
配慮しながら伝える。
●相手を大切にしながら自分のことを伝える。
自分の気持ち、考え、意見などを正直に、率直に、その場にふさわしい方法で表現してみる。(自他尊重の自己表現)
●相手がどう理解するかわからないからまず言ってみる。
言ってみて伝わりにくいと思ったら修正をする。

アサーティブに気持ちを伝える4つのステップDESC法 
D(Describe)事実の描写:今、実際に起こっていることは何か?
E(Express)感情表現:そのことによって自分はどう感じているか?
S(Suggest)提案:今後、どのような進路が考えられるか?
C(Consequence)結論:結果、自分にとって、相手にとって何が持たらされているのか?

DESC法を用いて、例題をもとに、ワークを行いました。
さまざまな意見が飛び交い、充実した時間となりました。 

◆受講者の声◆

・普段の生活では、学べない、コミュニケーションをするうえで、気をつけるポイントを多く知ることができました。(20代、女性)
・相手の人の気持ち+自分の気持ちを大切にしてコミュニケーションとっていきたいです。(40代、女性)
・アサーション明日から利用します。(60代、女性)
・ことばの表現は、人によってずいぶんとちがうので、そこがおもしろいし、参考になった。(70代、男性)

セミナーの様子

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?