このページの本文へ移動

災害に便乗した悪質商法に注意ください!

公開日:2018年7月10日


地震や大雨等による災害時には、それに便乗した悪質商法が多数発生します。

 

これらの悪質商法は、災害が発生した地域だけが狙われるとは限りません。被災者を支援したいという気持ちに付け込んだ義援金詐欺の事例もあります。義援金は、確かな団体を通じて送るようにしてください。

 

また、補修や修理に関連して、リフォーム業者から「火災保険の保険金で修理してはどうか」と勧誘され、契約を迫られても、その場では決めないようにしましょう。

まずは自分で損害保険会社か代理店に連絡し、保険金支払いの対象となるか、申請はどのようにするか等を確認しましょう。

 

被害に遭いそうになったとき、被害に遭ってしまったときは、すぐに消費生活センターにご相談ください。

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

お問い合わせ


市民部 生活安全課 消費生活センター
〒750-8521
下関市南部町1番1号
Tel:083-231-1270
Fax:083-233-0045

こんなときは

インターネット出張所

防災・災害情報