このページの本文へ移動

ハザードマップ・熱中症(2018年08月01日 14時00分)

公開日:2018年8月1日


ハザードマップは災害が起きてから見るのではなく、日頃から避難先や避難経路を確認しておくとともに、常に目に付くところに置きましよう。
この時期、熱中症は室内でも発生します。7月以降、県内でも493人もの方が熱中症になり、うち1人は亡くなっています。ご自身の体調により適宜休養と水分補給を行い、無理せず冷房を適切に利用して夜間の室温にも留意する等、熱中症を甘く考えずに十分な対策をとり、楽しい夏を過ごしてください。
下関市防災危機管理課


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?