このページの本文へ移動

厚生労働大臣が定める回数以上の訪問介護(生活援助中心型)を位置づけた場合の届出について

公開日:2018年10月1日


【お知らせ】
 平成30年度の介護保険制度改正に伴い、平成30年10月1日より訪問介護における生活援助中心型サービスに関しては、利用者の自立支援・重度化防止や地域資源の有効活用等の観点から、通常の利用状況からかけ離れた利用回数になっているケアプランに関して、下関市への届出が必要となります。

【届出の対象となる居宅サービス計画】
 平成30年10月以降に、利用者の同意を得て交付(作成又は変更)した居宅サービス計画のうち、「厚生労働大臣が定める回数及び訪問介護」(平成30年厚生労働省告示第218号)に規定する要介護度別の利用回数以上の訪問介護(生活援助中心型)を位置づけた居宅サービス計画です。

【要介護度と基準となる回数】
 要介護1 (27回)
 要介護2 (34回)
 要介護3 (43回)
 要介護4 (38回)
 要介護5 (31回)                                                                                      

【提出書類】
 (1)訪問介護(生活援助中心型)が規定回数以上となる場合の届出書(様式1)
 (2)アセスメント表の写し
 (3)居宅サービス計画書(第1表~第7表)の写し

【提出期限】
 居宅サービス計画について利用者の同意を得て交付した月の翌月の末日まで
 

【提出先】
〒750-0006
下関市南部町21番19号(下関商工会館4階)
下関市福祉部介護保険課事業者係 へ郵送または持参でお願いします。


 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?