このページの本文へ移動

下関市ふるさと起業家支援補助事業の寄附金受付を開始しました

(下関市クラウドファンディング)

公開日:2018年12月7日


 市では、社会・地域課題解決事業及び地域振興事業を市内で行う起業家などを対象に、クラウドファンディング型のふるさと納税を財源として補助を行う「下関市ふるさと起業家支援補助事業」を実施します。
 この度、2つの事業を認定し、平成30年11月13日から寄附金受付を開始いたしました。認定した事業はクラウドファンディングサイト「Readyfor」に掲載し寄附金を募集します。皆様の寄付相当額が事業者への補助金額となります。補助金は目標金額を達成した場合のみ事業者へ交付され、目標金額を達成しなかった場合、寄附金は皆様に返金されます。各事業実現のため、皆様の寄附をお願いいたします。

 

~ 豊北町空き家対策にぎわい創出事業 ~

 
絶景・角島が見える空き家➡ゲストタウンプロジェクト始動!
今では空き家が多くなった島戸地区を、活気にあふれた港町に再生したい


山口県 下関市 豊北町・島戸地区。
年間100万人以上が訪れる角島大橋。そこは橋の入口から、北西に1kmにある。

かつては活気にあふれた港町も、年々進む少子高齢化により住民の数は減少。
空き家の数は島戸地区だけでも70世帯以上に…

その一方で、このまちには最高の景色とそれをはるかにしのぐ美しい海、そして心のあたたかい人々がいます。
絶景を求めて多くの方たちが角島を訪れるが、そのほとんどが回遊して帰ってしまうのが現状…

海水浴に訪れる方たちが口にするのは「近くに気軽に泊まれる場所はない?…」

せっかく空家が多いのであれば、そこをDIYを交えてゲストハウスにし、
遊びに来てくれる方々に、気軽に宿泊して楽しんでほしい!

そんな思いから、私たちはこのプロジェクトを立ち上げました。
 

 

認定事業者  特定非営利法人コバルトブルー下関ライフセービングクラブ

寄附金募集期間  平成30年11月13日 ~ 平成30年12月25日

目標金額   500万円

返礼品   無料宿泊券、各種マリンレジャー体験等


 

豊北町空き家対策にぎわい創出事業

 

 

~ 豊浦町有機の里づくり ~

 

ロハス農園 株式会社を立ち上げた思い
私たちは考えました。今住むこの地域は100年後どうなっているのか、どんな地域であって欲しいのか話し合いました。

豊かな自然環境の中で米や野菜やあらゆる食べ物が生産されます、作物がすくすくと育つ周囲の田んぼや畑、里山には多様な生き物があふれています。地球ぜんぶの生きものの循環の中で食べ物が生産されます。私たちは生産できること、いただけることに感謝します。激しい天候異変の中にあっても、知恵を絞りまた自然から恵まれることを願って工夫をします。あらゆる生きものが調和して野山、畑、田んぼを形成し、収穫されたり加工されたりして食品になります。植物や生きものが多様であり美しい地域が維持されることがこの先ずっと続くようにと願っています。

そこには私たちの親やそのまた親が暮らした生活がありました。そこならではの習慣、文化があります。その地域の里山の良き暮らしや良き文化が今の時代に蘇るように、それは懐古主義ではなくこれからのあらゆる技術が暮らしと自然を融合させ豊かな暮らしを実現させていくのです。そのためにはそれぞれの個性と生き方が尊重されるに美しい自然と包容力のある文化が必要です。そして地域や人は優しくなれるのではないでしょうか。

子供達は安心して遊べる季節の風景の中で育ち学び旅立っていきます。未来永劫続く豊かな地域の暮らしは年長者から幼子まで働く場所と役割があり、後世に伝えていくべき知恵が育まれて行きます

農に携わる者、食に携わる者、それを提供し、癒しの時間を提供する者達が「ロハス農園 株式会社」を起ち上げました。
 

 

認定事業者  ロハス農園株式会社

寄附金募集期間  平成30年11月13日 ~ 平成30年12月25日

目標金額  300万円

返礼品   有機野菜セット、収穫体験等

有機の里づくり

申込方法

寄附を希望される方は、各事業のクラウドファンディングページをご利用ください。

銀行振込(市指定金融機関、ゆうちょ銀行、郵便局)を希望される方は、12月7日(金)までに「寄附申込書」に必要事項をご記入の上、下記送付先にFAX して下さい。後日、市から納付書を送付します。

※ 銀行振込(市指定金融機関、ゆうちょ銀行、郵便局)の場合は、振込の確認に時間を要するため、12月14日(金)までにお振込みください。12月14日(金)までに振込みできない場合は、寄附金として受領できませんので、あらかじめご了承ください。

 

ふるさと納税の概要と注意点について

  ふるさと納税は、自分の選んだ自治体に寄附を行うと、控除上限額内の2,000円を超える部分について税金が控除される制度です。(一定の上限があります。)(詳細は、総務省HPを参照)

  税金控除を受けるためには、原則、ふるさと納税を行った翌年に確定申告を行っていただく必要があります。ただし、確定申告が必要でない給与所得者等であり、1年間のふるさと納税の寄附先が5自治体以内の方は「ワンストップ特例制度」の適用を受けることにより確定申告の手続きが不要となります。
  ワンストップ特例制度を受ける方は、寄附をした年の翌年1月10日までにワンストップ特例申請書を下関市に提出してください。
  寄附をいただいたすべての方に下関市から寄附金受領書を送付しますので、確定申告を行う場合は、確定申告書に添付の上、所轄の税務署へ提出してください。
  

<注意事項>
※ 法人が寄附していただいた場合は、寄附金額の全額または一定の限度額まで 
損金に算入できます。(詳細は国税庁HPを参照) 

※ 頂きました個人情報は、下関市より認定事業者へ提供させていただきます。 

※ 誠に恐れ入りますが、目標金額達成後、災害等何らかの理由により事業が実施できなくなった場合は、本市の地域振興に資する事業に活用させていただきますので、あらかじめご了承ください。                    

【 申込書の送付先、寄附に関するお問合せ】

下関市産業振興部産業振興課

Tel:083‐231⁻1265

Fax:083-235-0910

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?