このページの本文へ移動

(記者発表資料)「AED設置救急ステーション」の認定証交付式について

公開日:2018年11月28日


平成30年11月28日

部課名 中央消防署
署長名 村上 達哉
担当名 松本 和己
連絡先 083-233-9115

1 件名 
  AED設置救急ステーション認定証交付式について

2 目的
  「救急ステーション認定制度」とは、心肺停止傷病者の救命率の向上を図るため、多くの人が利用する事業所、その他、消防本部が必要と認めた事業所のうち、従業員の70%以上の者が救命講習(上級救命講習を含む)を受講し、救急隊が到着するまで適切な応急救護を行うことができる事業所を「救急ステーション」として認定する制度です。
  なお、当制度は、平成16年度から、山口県救急業務高度化推進協議会において県下への普及促進を図っており、平成17年6月から追加導入された「AED設置救急ステーション」とともに着実に普及しているところです。
 このたび、次の事業所に対して、認定基準に必要な講習を修了したことからAED設置救急ステーション認定証を交付するものです。

3 AED設置救急ステーション認定証交付式の概要
 ⑴ 交付日時 
   平成30年12月5日(水)午前10時00分~午前10時30分
 ⑵ 交付場所
   下関市赤間町6番2号 東京第一ホテル下関 3階 さくらの間                       
 ⑶ 対象事業所
   東京第一ホテル下関
 ⑷ その他
   交付式において、東京第一ホテル下関の従業員によるAEDを使用した心肺蘇生法の展示訓練を予定しています。


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?