このページの本文へ移動

悪質電話対策として、「警告メッセージ付き通話録音装置」をご紹介します。

公開日:2018年11月29日


 日中在宅していることの多い高齢者は、悪質な電話勧誘や電話詐欺に遭う可能性が高いため、あやしい電話には出ないように工夫することが有効です

 具体的には、在宅中でも留守番電話機能を利用し、必要に応じて後でかけ直すようにしたり、発信者番号非通知や知らない番号からの電話には出ないという方法など、発信者を確認してから電話に出ることが有効です

 また、今使っている電話機に「通話録音装置」を取り付ける方法もあります。これは、「犯罪被害防止のため会話内容が自動録音されます」というアナウンスの後に、呼び出し音が鳴るシステムで、アナウンスの途中で電話が切れた場合は、呼び出し音はなりません。なお、身内などの電話番号は、事前に登録しておけば警告アナウンスが流れないようにもできます。

※詳しくは、添付のチラシや山口県県民生活課ホームページをご参照ください。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。 詳しくはビューワ一覧をご覧ください。
(別ウィンドウで開きます。)


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

お問い合わせ


市民部 生活安全課 消費生活センター
〒750-8521
下関市南部町1番1号
Tel:083-231-1270
Fax:083-233-0045

こんなときは

インターネット出張所

防災・災害情報