このページの本文へ移動

漂着ポリ容器に注意(2019年02月06日 14時00分)

公開日:2019年2月6日


毎年、冬の北風で海岸に大量のポリ容器が漂着することがあります。
大半は、中身が空だったり海水だったりしますが、中には有毒な液体が入っていることもありますので、見つけた際には次のことに留意して下さい。
・有害なものである危険性もあるので、中身には絶対触らない
・特に液体が入っている場合には、市役所や最寄りの総合支所に通報
・万一強い酸などが皮膚などに付着したら多量の水で洗い流し、すぐに病院で診察を受ける
下関市防災危機管理課


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?