このページの本文へ移動

猫の譲渡について

公開日:2019年8月1日


 令和元年8月1日より、猫の譲渡条件を見直しました。

具体的には、猫の譲渡は、以下のどちらかの条件を満たした方に実施することとしました。

(1)譲渡前講習会(月3回実施)を受講していただき、修了証を交付された方

(2)個別審査(毎日実施)を受けていただき、譲渡が適当と認められた方(追加)

 

【個別審査の流れ】

1.個別審査を希望される日時を予約していただきます。(事前にセンターに電話又はメールでの連絡をお願いします。)

2.予約された日時に必要書類等(※1)を持参の上で来館していただきます。

3.書類を提出していただくとともに、面接審査を受けていただきます。

4.適正飼養に関する誓約書を提出していただきます。

5.猫を譲渡します。(※2)

 

 (※1)必要書類等:(1)免許証等身分を証明できるもの  (2)住居における飼育可の証明書類(アパート・マンション等集合住宅及び借家で飼育予定の場合)  (3)(65歳以上の方のみ)「万が一の場合にその猫を譲受人に代わって終生飼養する」旨の、満18歳以上65歳未満の親族の方の誓約書(誓約書の本人に電話確認することがあります。)  (4)猫を連れて帰るための道具(キャリーケース等)

 (※2)来館日当日に譲渡を行いますが、書類の内容及び面接審査の結果によっては、譲渡できない場合や、審査の判定に複数日を要する場合があること等について、ご了承願います。

 

〈この他の注意点〉

・犬2頭以上、猫3頭以上、犬猫をそれぞれ1頭飼養されている方には譲渡ができません。

・猫が飼養不可の場所にお住まいの方には、譲渡できません。

 ・満18歳未満の方には譲渡できません。

 

  ☆当センターで募集している猫についてはホームページ上に掲載しておりますので、ご確認ください。ご不明な点がありましたら、当センター(電話:263-1125)まで、ご連絡ください。

 

 


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?